九州大学 大学院工学研究院 社会基盤部門 −構造及び地震工学講座−

地震工学研究室



<本研究室について>
地震動の予測・特性把握から,橋梁・地中構造物の耐震設計手法の確立および高度化や,
耐震・免震設計法の開発,数値シミュレーションを用いた地震時防災対策の検討など,
幅広い研究課題を設定し日々研究活動を行っています.


≪新着情報≫

[19/7/13]
  ・振動研OB・OG会を開催しました.
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
etc.
 [18/10/1]
  ・助教 崔準ホ先生は平成30年9月30日をもちまして退職されました.
 [18/7/14]
  ・振動研OB・OG会を開催しました.
 [17/12/1]
  ・研究室名の12月1日より変更: 建設振動工学研究室 ⇒ 地震工学研究室
   ※通称:振動研
 [17/7/15]
  振動研OB・OG会を開催しました.
 [17/5/1]
  教授 松田泰治先生が平成27年5月1日付で着任されました
 [14/3/31]
  名誉教授 大塚久哲先生は平成26年3月31日をもちまして定年退職されました.
 [12/4/1]
  所属名称の変更: 建設デザイン部門 ⇒ 社会基盤部門



住所
 819-0395 福岡市西区元岡744

   このページに関するご意見,お問い合わせはこちらまで
   Copyright (C) 2005 Earthquake Engineering Laboratory of Kyushu University