九州大学 建設設計工学研究室

english

研究

研究成果

学術論文

2021
M. Yang and S. Kainuma:Investigation of Steel Corrosion Near The Air-Liquid Interface in NaCl Solution and Soil Environment,Corrosion Engineering,Science and Technology,
Vol.21,pp.1-13,2021.
高木魁士,貝沼重信,吉田大祐,三島啓吾,徳山裕也:様々な大気環境における都市内高架橋の腐食性評価に関する研究,鋼構造年次論文報告集,Vol.29,pp.25-32,2021.
S. Park,S. Kainuma,T. Ikeda,T. Asano and Y. Morita:Characterizing Steel Surface Features Affected by Abrasive Waterjet Treatment,鋼構造年次論文報告集,Vol.29,pp.585-592,2021.
楊沐野,貝沼重信,鍋島渉,山内誉史,吉伯海:熱影響部に着目した鋼製伸縮装置の疲労破断メカニズムの検討,鋼構造年次論文報告集,Vol.29,pp.546-553,2021.
田中蒼之,貝沼重信,森彩乃,由井剛,堀秀輔:ロケット打上げ時の噴煙が鋼材の腐食進行性に及ぼす影響に関する基礎的研究,鋼構造年次論文報告集,Vol.29,pp.503-509,2021.
M. Yang,J. Xie,S. Kainuma and W. Liu:Improvement in Bond Behavior and Thermal Properties of Carbon Fiber-Reinforced Polymer Strengthened Steel Structures,Composite Structures,Vol.278,pp.1-15,2021.
貝沼重信,井上凌,楊沐野:ジンクリッチ塗膜の傷部に対する防食特性に関する電気化学的検討,土木学会論文集 A1,Vol.77,No.3,pp.439-454,2021.
M. Yang,S. Kainuma,W. Nabeshima,M. Yamauchi and B. H. Ji:Synergistic Effect of Corrosion and Residual Stress on Fatigue Cracks of Finger-Type Bridge Expansion Joints,Engineering Failure Analysis,Vol.131,105894,pp.1-17,2021.
L. Fang,Z. Q. Fu,B. H. Ji and S. Kainuma:Research on mixed mode crack drilling under out-of-plane shear in steel bridge deck,International Journal of Fatigue,Vol.156,106679 ,pp.1-12,2021.
楊昊軒,貝沼重信,武藤和好,浅野貴弘:Fe/Ag対ACMセンサを用いた飛来海塩環境におけるAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の複層皮膜の膨れ評価,土木構造・材料論文集,Vol.37,2021.(In press)
貝沼重信,樋口亮,楊沐野:滞水と乾湿繰り返しの環境における近接塗膜傷部の鋼素地間の腐食特性に関する基礎的研究,材料と環境,Vol.70,No.8,pp.271-276,2021.
土手一朗,桑原裕樹,山下和也,甲斐信博,岡田紗季,貝沼重信:大気環境における球状黒鉛鋳鉄の腐食進行性に関する研究,材料と環境,Vol.70,No.8,pp.257-264,2021.
貝沼重信,土手一朗,山下和也,桑原裕樹:24年間使用された照明柱の腐食特性に基づく球状黒鉛鋳鉄の腐食進行過程の推定,防錆管理,Vol.65,No.9,pp.330-339,2021.
S. Kainuma, M. Yang, J. Xie and Y. S. Jeong:Time-dependent Prediction on the Localized Corrosion of Steel Structure Using Spatial Statistical Simulation, International Journal of Steel Structures, Vol.21, pp.987-1003, 2021.
S. Kainuma, M. Yang, Y. Gao and M. Hashimoto:Long-Term Deterioration Mechanism of Hot-Dip Aluminum Coating Exposed to A Coastal-Atmospheric Environment, Construction and Building Materials, Vol.280, pp.1-16, 2021.
貝沼重信,楊昊軒,楊沐野,武藤和好,宮田弘和:飛来海塩環境におけるAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の取合部の耐食・防食特性, 土木学会論文集A1, Vol.77, No.1, pp.180-198, 2021.
S. Zhuang, S. Kainuma, M. Yang, M. Haraguchi and T. Asano:Characterizing Corrosion Properties of Carbon Steel Affected by High-Power Laser Cleaning, Construction and Building Materials, Vol.274, pp.1-11, 2021.
2020
飯尾翔磨,貝沼重信,石原修二,王啓迪,井上大地:重度に腐食した無塗装耐候性鋼部材の電気化学的素地調整に関する基礎的研究, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, Vol.28, pp.1-9, 2020.
土手一朗,貝沼重信,桑原裕樹,甲斐信博:大気腐食環境における球状黒鉛鋳鉄のさびの評価, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, Vol.28, pp.208-213, 2020.
石原修二,貝沼重信,高揚,井上大地,橋本幹雄:異種材との接触に伴う溶融Alめっきの腐食性に関する基礎的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.28, pp.45-52, 2020.
楊昊軒,貝沼重信,武藤和好,宮田弘和,尾知修平:Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部位の耐候性に関する基礎的研究, 土木学会論文集A1, Vol.28, pp.249-256, 2020.
S. Zhuang, S. Kainuma, M. Zhao, H. Manabu and T. Asano : Mechanical Properties and Fracture Mechanism of Laser-Treated Carbon Steel Under Monotonic Tensile Test, Journal of Constructional Steel, Vol.27, pp.285-291, 2020.
Q. Wang, S. Kainuma and M. Yang : Fundamental Study on The Relationship Between Rust Characteristics and Corrosion Degree of Common Steel, Journal of Constructional Steel, Vol.28, pp.267-273, 2020.
S. Zhuang, S. Kainuma, M. Yang, M. Haraguchi, T. Asano : Investigation on the Peak Temperature and Surface Defects on the Carbon Steel Treated by Rotating CW Laser, Optics & Laser Technology, Vol.135, pp.1-9, 2020.
貝沼重信,長谷川昂志,楊沐野:近接塗膜傷間におけるマクロセル腐食の電気化学特性に関する基礎的研究, 土木学会論文集A1, Vol.76, No.3, pp.467-480, 2020.
貝沼重信,キムアラン: 超音波噴霧による定量塩付着方法の提案と塩付着性状に関する基礎的検討, 防錆管理, Vol.64, No.6, pp.201-2011, 2020.
土手一朗,桑原裕樹,甲斐信博,貝沼重信:大気環境における球状黒鉛鋳鉄の初期腐食挙動, 材料と環境, Vol.69, No.5, pp.140-147, 2020.
M. Yang, S. Kainuma, S. Ishihara, A. Kaneko and T. Yamauchi : Atmospheric corrosion protection method for corroded steel members using sacrificial anode of Al-based alloy, Construction & Building Materials, Vol.234, pp.1-12, 2020.
2019
M Yang, S. Kainuma, S.Zhuang, S. Ishihara, A. Kaneko and T. Yamauchi : Cathodic Protection System Applied to Steel Using Fiber Sheet and Al-based Alloy Anode in Atmospheric Environment, International Journal of Electrochemical Science, Vol.14, pp.9858-9875, 2019.
武藤和好,貝沼重信,杜錦軒,劉少博,楊沐野,宮田弘和:クロスカットを有するAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性に関する基礎的研究, 土木学会論文集A1 , Vol.75, No.3 pp.280-292, 2019.
宮崎泰樹,貝沼重信,長谷川昂志: 有機ジンク塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 日本鋼構造協会 鋼構造年次論文報告集, Vol.27, pp. 353-358, 2019.
武藤和好,貝沼重信,劉少博,楊沐野,宮田弘和:Al-Mg 溶射と重防食塗装の突合せ部の耐食性向上に関する研究, 日本鋼構造協会 鋼構造年次論文報告集, Vol.27, pp. 359-365, 2019.
X.Weikun,貝沼重信,楊沐野,山内誉史,鍋島渉:道路橋鋼製フィンガープレートのルート部の腐食表面性状に関する基礎的研究, 日本鋼構造協会 鋼構造年次論文報告集, Vol.27, pp. 391-397, 2019.
竹田智紀,貝沼重信,中野慶彦,緒方一真:様々な大気環境における都市内高架橋の腐食性評価に関する研究, 日本鋼構造協会 鋼構造年次論文報告集, Vol.27, pp. 366-373, 2019.
天野佳絵,森山実加子,貝沼重信,井上大地,石原修二:高炉スラグ混合セメント系防食塗料の防食性評価, 日本鋼構造協会 鋼構造年次論文報告集, Vol.27, pp. 346-352, 2019.
貝沼重信,キムアラン,池田龍哉,小寺健史:ブラスト処理の研削材と施工条件が鋼素地表面性状と研削材の残留度に及ぼす影響, 防錆管理, Vol.63, No.8, pp.285-300, 2019.
S. Kainuma, M. Yang, S. Ishihara, A. Kaneko and T. Yamauchi : Corrosion Protection of Steel Members Using An Al-Zn Base Sacrificial Anode and Fiber Sheet in An Atmospheric Environment, Construction & Building Materials, Vol.224, pp.880-893, 2019.
貝沼重信,山下和也,石原修二,兼子彬,山内孝郎:Al-3Zn合金鋳造板と架橋型アクリレート繊維シートを用いた大気犠牲防食技術の鋼道路橋に対する適用性, 防錆管理, Vol.63, No.5, pp.161-176, 2019.
Z.Y.Zhou, B.Ji, Z.Fu, S.Kainuma and S.Tsukamoto : Fatigue Crack Retrofitting by Closing Crack Surface, International Journal of Fatigue, Vol.119, 229-237, 2019.
2018
竹田智紀,貝沼重信,中野慶彦,緒方一真:様々な大気環境に曝される都市内高架橋の腐食進行性評価に関する研究, 土木構造・材料論文集, Vol.34, pp.97-104, 2018.
Y. Gao, M. Yang, S. Kainuma, S. Ishihara, M.Hashimoto : Electrochemical Properties of Hot-dip Aluminized Coating in Alkaline Environment, Journal of Structural and Materials in Civil Engineering No.34 p.89-95, 2018.
劉少博,貝沼重信,杜錦軒,武藤和好,宮田弘和:Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の飛来海塩環境における耐食・防食性能に関する基礎的研究, 土木構造・材料論文集, Vol.34, pp.36-57, 2018.
貝沼重信,増本岳,楊沐野,佐島隆生:近接する塗膜傷間における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 材料と環境, Vol.67, No.11, pp.467-473, 2018.
武藤和好,貝沼重信,劉少博,杜錦軒,宮田弘和:飛来海塩環境におけるAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性, 鋼構造年次論文報告集, Vol.26, pp. 412-419, 2018.
貝沼重信,井上大地,池田幹友,森山実加子,石原修二:セメント系塗料の鋼材角部防食下地材への適用に関する基礎的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.26, pp. 736-743, 2018.
キムアラン,貝沼重信,池田龍哉,小寺建史:ブラスト研削材の使用繰返数が鋼素地表面性状に及ぼす影響評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.26, pp.307-311, 2018.
貝沼重信,楊沐野,石原修二:地際部腐食センサを用いた鋼部材の気液界面の腐食性評価に関する研究, 材料と環境, Vol.67, No.10, pp.404-415, 2018.
L.Liu, C.N. Xu, A. Yoshida, D. Tu, N. Ueno, S. Kainuma : Scalable Elasticoluminescent Strain Sensor for Precise Dynamic Stress Imaging and Onsite Infrastructure Diagnosis, Advanced Materials Technology, 1800336, 2018.
天野佳絵,森山実加子,池田幹友,日比野誠,貝沼重信:高炉スラグ混合セメント系防食塗料の防食特性に関する電気化学的検討,材料と環境 材料と環境2018講演大会論文 Vol. 67, No.8, pp.191-201, 2018.
S. Kainuma, M. Yang, and Y.S. Jeong : Fatigue Behavior Investigation and Stress Analysis for Rib-To-Deck Welded Joints in Orthotropic Steel Decks, International Journal of Steel Structures, Vol.18 pp.512-527, 2018.
2017
S. Kainuma, Y. Yamamoto, J.H. Ahn and Y.S. Jeong : Evaluation method for time-dependent corrosion depth of uncoated weathering steel using thickness of corrosion product layer, Structural Engineering and Mechanics, Vol. 65, No.2, pp.191-20, 2017.
八木孝介,貝沼重信,平尾みなみ:熱伝導性を考慮した鋼構造部材の腐食環境モニタリングに関する基礎的研究, 土木構造・材料論文集, No.33, pp.49-57, 2017.
Y.S. Jeong, S. Kainuma and J.H. Ahn, W.H. Lee : Assessment of Fatigue Life of Out-Of-Plane Gusset Welded Joints Using 3D Crack Propagation Analysis, Journal of the Korea Institute for Structural Maintenance and Inspection, Vol.22, No.31, pp.129-136, 2017.
M. Yang, S. Kainuma and Y.S. Jeong : Structural Behavior of Orthotropic Steel Decks with Artificial Cracks in Longitudinal Ribs, Journal of Constructional Steel Research, Vo.141 pp.132-144, 2017.
貝沼重信,八木孝介,平尾みなみ,橋本幹雄,宇都章彦:海岸環境で約25年間供用された溶融アルミニウムめっき桟橋の腐食性と耐食・防食性,防錆管理, Vol.723, No.9, pp.329-340, 2017.
池田鮎美,甲斐信博,椎本圭一,貝沼重信:大気環境における球状黒鉛鋳鉄の腐食挙動に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.679-683, 2017.
井上大地,内田大介,浅野浩一,貝沼重信,増本岳:耐候性鋼材を用いた高力ボルト摩擦接合面の表面粗さとすべり係数, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.48-54, 2017.
貝沼重信,杜錦軒,武藤和好,宮田弘和:Al-5Mg 合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食性向上法に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.673-678, 2017.
武藤和好,貝沼重信,杜錦軒,八木孝介,宮田弘和:大気環境中のAl-5Mg 合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.708-712, 2017.
キムアラン,貝沼重信,渡邉亮太,池田龍哉,小寺建史:ブラスト処理条件が鋼素地の表面性状と研削材残留度に及ぼす影響, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp. 737-742, 2017.
広野邦彦,福田雅人,武藤和好,貝沼重信,杦本正信:レーザー散乱光を用いたブラスト鋼板の表面粗さの測定と評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.713-720, 2017.
谷川慶太,貝沼重信,井口進,坂本達朗,石原修二:溶接継手部の塗膜劣化・腐食特性に及ぼす影響因子の評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.747-752, 2017.
八木孝介,貝沼重信,加藤禎洋,石田直己:河川鋼製水門における各構造部位の腐食性評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.721-728, 2017.
百田寛之,貝沼重信,田畑晶子,井口進,塚本成昭:フィンガープレートの犠牲陽極防食法に関する電気化学的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.25, pp.684-687, 2017.
貝沼重信,藤本拓史,杜錦軒,楊沐野,武藤和好,宮田弘和:Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の取合部における耐食・防食特性に関する基礎的研究, 土木学会論文集A1, Vol.73, No.2, pp.496-511, 2017.
S.Kainuma, M.Yang, Y.S.Jeong, S.Inokuchi, A.Kawabata, D. Uchida : Analysis Investigation for Fatigue Behavior of Rib-to-Deck Welded Joints with Different Structural Parameters in Orthotropic Steel Decks, Engineering Failure Analysis, Vol.79 pp.520-537,2017.
A. Yoshida, L. Liu, D. Tu, S. Kainuma, C.N. Xu : Mechanoluminescent Testing as an Efficient Inspection Technique for the Management of Infrastructures, Journal of Disaster Research, Vol.12, No.3, pp.506-514, 2017.
貝沼重信,土橋洋平,石原修二,内田大介,兼子彬,山内孝郎 : Al-Zn陽極材と吸水・保水繊維シートを用いた鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する研究, 土木学会論文集A, Vol.73, No.2, pp.313-329, 2017.
井口進,内田大介,鄭暎樹,貝沼重信:鋼床版上面の架設用吊金具残し部の疲労耐久性に関する実験的検討, 鋼構造論文集, Vol.24, No.93, pp.73-81, 2017.
貝沼重信,小林淳二,宇都宮一浩,坂本 達朗 : 塗膜欠陥の寸法・近接度が鋼材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 土木学会論文集A1, Vol.73, No.1, pp.84-97, 2017.
八木孝介,貝沼重信,平尾みなみ,塚本成昭,吉田貴保:漏水の影響を受ける都市内高架橋鋼桁端部の腐食挙動に関する基礎的検討,土木構造・材料論文集,No.32,pp.39-45,2017.
藤本拓史,貝沼重信,宮田弘和:Al-Mg合金溶射/Znめっき,Zn溶射のガルバニック腐食特性に関する電気化学的検討, 土木構造・材料論文集, No.32, pp.55-62, 2017.
2016
貝沼重信:鋼橋の腐食性・腐食環境評価のための小片裸鋼板とACM型腐食センサの適用とその事例, 防錆管理, Vol.58, No.11, pp.446-453, 2016.
貝沼重信,郭小竜,小林淳二,武藤和好,宮田弘和 : NaClによる高腐食性環境におけるAl-5Mg合金溶射皮膜の耐食・防食特性に関する基礎的研究, 土木学会論文集A, Vol.72, No.3, pp.440-452, 2016.
田淵大介,佐島隆生,貝沼重信,八木伸曉,内田大介 : 面外ガセット溶接継手の疲労強度向上のためのまわし溶接止端部の溝加工法の検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.24, pp.590-597, 2016.
貝沼重信,八木孝介,郭小竜,小林淳二,佐島隆生 : 防食皮膜試験体に導入するクロスカットの機械加工法に関する基礎的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.24, pp.733-739, 2016.
百田寛之,貝沼重信,鄭暎樹,田畑晶子,塚本成昭 : 疲労損傷を有する橋梁フィンガージョイントの腐食表面性状に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.24, pp.701-704, 2016.
M. Yang, S. Kainuma and Y.S. Jeong : Analytical Investigations on The Structural Behavior of Orthotropic Steel Deck With Artificial Fatigue Cracks in U-Ribs, Journal of Constructional Steel Vol.24 489-492, 2016.
貝沼重信,細見直史:腐食促進試験に基づく鋼部材のコンクリート境界部における経時腐食挙動の基礎的検討, コンクリート工学, Vol.54, No.9, pp.259-269, 2016.
S. Kainuma, Y. S. Jeong, M. Yang and S. Inokuchi : Welding Residual Stress in Roots Between Deck Plate and U-Rib in Orthotropic Steel Decks, Measurement, Vol.92, pp.475-482, 2016.
貝沼重信,道野正嗣,山本悠哉,藤岡靖,藁科彰,高木真一郎,仲健一:高腐食性環境における無塗装耐候性鋼上路トラス橋における腐食損傷の要因推定と腐食性評価(その3)-部位レベルの腐食環境と腐食性の評価-, 防錆管理, Vol.60, No.9, pp.338-346, 2016.
貝沼重信,土橋洋平,石原修二,内田大介,兼子彬,山内孝郎:Al-Zn合金鋳造板と繊維シートを用いた鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 材料と環境, Vol.65, No.9, pp.390-397, 2016.
S. Kainuma, Y. Tsuchihashi, S. Ishihara, D. Uchida, A. Kaneko and T. Yamauchi : Fundamental Study on Anti-corrosive Method with Sacrificial Anode for Steel Members using Al-Zn Alloy Casting Plate and Fiber Sheet in Atmospheric Environment, Corrosion Engineering, Vol.65, No.9 pp.309-318, 2016.
貝沼重信,道野正嗣,山本悠哉,藤岡靖,藁科彰,高木真一郎,仲健一:高腐食性環境における無塗装耐候性鋼上路トラス橋における腐食損傷の要因推定と腐食性評価(その2)-腐食環境評価と腐食要因分析-, 防錆管理, Vol.60, No.8, pp.298-305, 2016.
J.H. Ahn, S. Kainuma, W.H. Lee, Y.S. Jeong, I.T. Kim : Relationships between Imperfections and Shear Buckling Resistance in Web Plate with Sectional Damage Caused by Corrosion, Advances in Materials Science and Engineering, Vol.2016, Article ID 6467589, 12 pages, 2016.
藤岡靖,藁科彰,高木真一郎,仲健 一,貝沼重信,道野正嗣,山本悠哉:高腐食性環境における無塗装耐候性鋼上路トラス橋における腐食損傷の要因推定と腐食性評価(その1)―腐食損傷の調査―, 防錆管理, Vol.60, No.5, pp.165-172, 2016.
坂本達朗,貝沼重信:塗装さび鋼板を用いた塗装鋼構造物の腐食度評価に関する検討,防錆管理, Vol.60, No.5, pp.165-172, 2016.
S. Kainuma, M. Yang, Y.S. Jeong, S. Inokuchi, A. Kawabata and D. Uchida : Experiment on Fatigue Behavior of Rib-To-Deck Weld Root in Orthotropic Steel Decks, Journal of Constructional Steel Research, Vo.119, pp.113-122, 2016.
2015
坂本達朗,貝沼重信,小林淳二:塗装した腐食炭素鋼のさび性状と塗膜耐久性の関係に関する検討,材料と環境,速報論文,Vol.64,No.7,pp.307-310,2015.
渡邉亮太,貝沼重信,鄭映樹:化学的素地調整が鋼材の表面性状に及ぼす影響に関する研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.23, pp.372-377,2015.
北川尚男,貝沼重信,小林淳二,郭小龍:水性塗膜剥離剤を用いた塗替え塗装鋼板の耐久性に関する基礎研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.23, pp.489-492,2015.
S. Kainuma, Y. S. Jeong, J. H. Ahn, Y. Yamagami and S. Tsukamoto : Behavior and Stress of Orthtropic Deck with Bulb Rib by Surface Corrosion, International Journal of Steel Structure, Vol.113, pp.135-145, 2015.
S. Kainuma, J. H. Ahn, Y. S. Jeong, H. Sugiyama and M. Iwasaki : Evaluation of Structural Responses on Artificial Fatigue Crack for Bulb Rib Orthotropic Deck, Advanced in Structural Engineering, Vol.18, No.9, pp.1355-1369, 2015.
S. Kainuma, Y. S. Jeong and J. H. Ahn : Stress Distribution on the Real Corrosion Surface of the Orthotropic Steel Bridge Deck, Steel and Composite Structures, Vol.18, No.6, pp.1479-1492, 2015.
貝沼重信 : 大気環境における構造用鋼材の腐食表面性状とその経時性予測, 表面科学,Vol.36, No.1, pp.35-40, 2015.
今村壮宏,山下恭敬,松田哲夫,岩崎雅紀,永田淳,貝沼 重信 : 非合成補剛トラス吊橋における床組支承回りの疲労損傷対策, 構造工学論文集,Vol.61A,pp. 473-485, 2015.
2014
道野正嗣,貝沼重信,林秀幸,鄭暎樹,板井麻理子 : 大気環境における無塗装鋼板の腐食挙動に及ぼす熱容量の影響に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.938-942, 2014.
藤井基史,貝沼重信 : ブラスト処理の施工条件が鋼材の粗さに及ぼす影響, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.469-476, 2014.
土橋洋平,貝沼重信,友田富雄,南和彦 : 水膨潤ゴムを用いた鋼部材コンクリート地際部の犠牲陽極防食技術に関する基礎的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.924-930, 2014.
石原修二,貝沼重信,内田大介,兼子彬,山内孝郎 : 多孔質Al-Zn焼結板と保水性繊維シートを用いた高耐久性大気腐食環境センサに関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.477-481, 2014.
貝沼重信,小林淳二,山本悠哉: 飛来塩環境における無塗装鋼材の水洗浄による腐食遅延効果, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.917-923, 2014.
鄭暎樹,貝沼重信,八木伸暁,内田大介 : 3 次元き裂進展解析による面外ガセット継手の疲労き裂進展評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.789-794, 2014.
坂本達朗,太田達哉,貝沼重信 : 室内促進劣化試験における塗装さび鋼板の質量変化量評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.22, pp.504-509, 2014.
細見直史,山田隆明,貝沼重信 : 地際腐食の非接触・非破壊検査システム, 建設機械施工, Vol. 66, No. 7, pp.52-56, 2014.
石原修二,貝沼重信,木下優,内田大介,兼子彬,山内孝郎 : 多孔質焼結板と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食効果に関する基礎的研究, 材料と環境, Vol.63, No.12, pp.609-615, 2014.
S. Ishihara, S. Kainuma, M. Kinoshita, D. Uchida, A. Kaneko and T. Yamauchi : Fundamental Study on Corrosion Protection Effect with Sacrificial Anode for Corroded Steel Members using Porous Sintered Plate and Fiber Sheet in an Atmospheric Environment, Corrosion Engineering, Vol.63, No.12, pp. 497-505, 2014.
貝沼重信 : 鋼道路橋の腐食損傷の現状と課題, 防錆管理,Vol.58,No.11,pp.432-439, 2014.
S. Kainuma, J. H. Ahn and Y. S. Jeong : Investigation on The Stress Concentration Effect at The Corroded Surface Achieved by Atmospheric Exposure Test, Materials Science & Engineering A, Vol.602, No.25, pp.89-97, 2014.
S. Kainuma, J. H. Ahn, Y. S. Jeong, T. Imamura and T. Matsuda : Applicability and Structural Response Comparisons for Bearing System Replacement in Suspension Bridge Rehabilitation, Journal of Constructional Steel Research, Vol.95, pp.172-190, 2014.
貝沼重信,山本悠哉,林秀幸,伊藤義浩,押川渡:Fe/Ag対ACM型腐食センサを用いた大気環境における無塗装普通鋼板の経時腐食深さの評価方法, 材料と環境, Vol.63, No.2, pp.50-57, 2014.
S. Kainuma, Y. Yamamoto, H. Hayashi, Y. Itoh and W. Oshikawa : Practical Method for Estimating Time-Dependent Corrosion Depth of Uncoated Carbon Steel Plate under Atmospheric Environment using Fe/Ag Galvanic Couple ACM-Type Corrosion Sensor, Corrosion Engineering, Vol.63, No.2, pp.44-53, 2014.
2013
貝沼重信,杜金威,内田大介,八木伸曉,久保博司:片側すみ肉溶接を有する面外ガセット溶接継手の疲労挙動, 溶接学会論文集, 第31巻, 第4号, pp.238-245, 2013.
伊藤義浩,貝沼重信:炭酸ガス環境におけるFe/Ag対ACMセンサの出力特性の調査 ─転炉配管内の腐食環境評価に対するACMセンサの適用性に関する基礎的研究─, 防錆管理, Vol.57, No.11, pp.14-19, 2013.
石原修二,貝沼重信,兼子彬,山内孝郎:大気環境における鋼部材に及ぼす犠牲陽極材の設置方法の影響, 鋼構造年次論文報告集, Vol.21, pp. 181-184, 2013.
林秀幸,貝沼重信,山本悠哉,伊藤義浩:腐食生成物が鋼板さび厚の電磁膜厚計による測定精度に及ぼす影響, 鋼構造年次論文報告集, Vol.21, pp. 862-868, 2013.
木下優,貝沼重信,山上哲示,塚本成昭:コンクリート系材料の地際における鋼部材の腐食挙動に関する研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.21, pp. 185-192, 2013.
J. H. Ahn, S. Kainuma and I. T. Kim : Shear Failure Behaviors of A Web Panel with Local Corrosion Depending on Web Boundary Conditions, Thin-Walled Structures, Vol.73, pp.302-317, 2013.
S. Kainuma, J. H. Ahn and I. T. Kim : Corrosion pattern for Critical Shear Buckling Load of A Web Panel with Local Corrosion Damage, Applied Mechanics and Materials, Vol.421, pp.778-783, 2013.
J. H. Ahn, S. Kainuma and T. Imamura : Repair Method and Residual Bearing Strength Evaluation of A Locally Corroded Plate Girder at Support, Engineering Failure Analysis, Vol.33, pp.398-418, 2013.
J. H. Ahn, I. T. Kim, S. Kainuma and M. J. Lee : Residual Shear Strength of Steel Plate Girder due to Web Local Corrosion, Journal of Constructional Steel Research, Vol.89, pp.198-212, 2013.
J. H. Ahn, S. Kainuma and I. T. Kim : Shear Buckling Strengths and Post Buckling Behaviors of Steel Webs with Local Corrosion, Journal of JSCE, Vo.1, pp.251-261, 2013.
I. T. Kim, M. J. Lee, J. H. Ahn and S. Kainuma : Experimental Evaluation of Shear Buckling Behaviors and Strength of Locally Corroded Web, Journal of Constructional Steel Research, Vol.83, pp.75-89, 2013.
Y. S. Jeong, S. Kainuma and J. H. Ahn : Structural Response of Orthotropic Bridge Deck Depending on the Corroded Deck Surface, Construction & Building Materials, No.43, pp.87-97, 2013.
貝沼重信,宇都宮一浩,石原修二,内田大介,兼子彬,山内孝郎:大気環境における鋼部材の犠牲陽極防食に及ぼすAl-Zn多孔質焼結板の配合・気孔率と繊維シート特性の影響,材料と環境, Vol.62, No.8, pp.278-288, 2013.
S. Kainuma, K. Utsunomiya, S. Ishihara, D. Uchida, A. Kaneko and T. Yamauchi : Influences of Mixing and Porosity Ratios of Porous Sintered Al-Zn Plate and Material Property of Fiber Sheet on Anticorrosive Effects of Sacrificial Anode for Carbon Steel in Atmospheric Environment, Corrosion Engineering, Vol. 62, No.8, pp.205-218, 2013.
2012
藤井基史, 山内誉史, 内田大介, 平井大雅, 貝沼 重信:鋼床版デッキプレート上の吊り金具残し部が疲労損傷に及ぼす影響の解析的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.20, pp.557-564, 2012.
林秀幸, 貝沼重信, 山本悠哉, 今村壮宏:飛来塩環境における上路トラス橋の構造部位のミクロ腐食環境評価, 鋼構造年次論文報告集, Vol.20, pp.297-302, 2012.
貝沼重信,山本悠哉,伊藤義浩,宇都宮一浩,押川渡:腐食生成物層の厚さを用いた無塗装普通鋼材の腐食深さとその経時性の評価方法, 材料と環境, Vol.61, No.12, pp.535-540, 2012.
S. Kainuma, Y. Yamamoto, Y. Itoh, K. Utsunomiya and W. Oshikawa : Evaluation Method for Corrosion Depth of Uncoated Carbon Steel and Its Time-Dependence Using Thickness of Corrosion Product Layer, Corrosion Engineering, Vol. 61, No. 12, pp. 483-494, 2012.
貝沼重信, 鄭映樹, 宇都宮一浩, 安鎭熙:空間統計学的手法を用いた大気腐食環境における無塗装普通鋼板の経時腐食表面性状の数値シミュレーション, 材料と環境, Vol.61, No.7, pp.283-290, 2012.
S. Kainuma, Y. S. Jeong and K. Utsunomiya: Numerical Simulations for Time-dependent Corrosion Surfaces of Unpainted Carbon Steel Plates in Atmospheric Corrosive Environments Using Spatial Statistical Techniques, Corrosion Engineering, Vol. 61, No. 7, pp. 203-212, 2012.
S. Kainuma, J. H. Ahn, Y. S. Jeong and H. Takahashi: Evaluation on Estimation in Characteristics of Fatigue Crack Using Micro-Encapsulated Dye Mixing Paint, Engineering Failure Analysis, Vol.25, pp.1-12, 2012.
井口進, 貝沼重信, 内田大介, 城大樹:製作時のプレス矯正が鋼床版のデッキプレートとUリブ溶接部の応力性状に及ぼす影響, 鋼構造論文集, 第19巻, 第73号, pp.1-8, 2012.
2011
貝沼重信, 宇都宮一浩, 石原修二, 内田大介, 兼子彬:多孔質焼結板と繊維シートを用いた鋼部材の大気環境における犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 材料と環境, Vol.60, No.12, pp.535-540, 2011.
S. Kainuma, K. Utsunomiya, S. Ishihara, D. Uchida and A. Kaneko: Fundamental Study on Corrosion Protection of Steel Components with a Sacrificial Anode using a Porous Sintered Plate and Fiber Sheet in an Atmospheric Environment, Corrosion Engineering, Vol. 60, No. 12, pp. 444-451, 2011.
貝沼重信,山本悠哉, 伊藤義浩, 押川渡:Fe/Ag対ACM型腐食センサを用いた降雨を受ける無塗装普通鋼板の平均腐食深さの予測方法, 材料と環境, Vol.59, No.10, pp.497-503, 2011.
S. Kainuma, Y. Yamamoto, Y. Itoh and W. Oshikawa : Prediction Method for Mean Corrosion Depth of Uncoated Carbon Steel Plate Subjected to Rainfall Effect using Fe/Ag Galvanic Couple ACM-Type Corrosion Sensor, Corrosion Engineering, Vol. 60, No. 11, pp. 415-423, 2011.
加藤祐介, 貝沼重信, 山上哲示, 塚本成昭:腐食鋼部材とセラミック系材料の引張付着強度に関する研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.19, pp.581-584, 2011.
細見直史, 貝沼重信, 加藤祐介:腐食損傷した鋼床版デッキプレートの応力集中に関する解析的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.19, pp.613-616, 2011.
藤井基史, 内田大介, 山内誉史, 井口進, 貝沼重信:吊金具の取付け精度が鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接部の応力性状に及ぼす影響に関する解析的検討, 鋼構造年次論文報告集, Vol.19, pp.69-76, 2011.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 鄭映樹:空間点過程の手法を用いた塗装鋼部材の点さび発生状況の評価に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.19, pp.607-612, 2011.
2010
小林憲治, 日野伸一, 山口浩平, 貝沼重信: GFRP引抜き成形材の材料特性およびはり部材の曲げ挙動に関する基礎的研究, 土木学会論文集 A1, Vol. 67, No.1, 1-12, 2010.
石原修二, 貝沼重信, 宇都宮一浩, 内田大介:多孔質Al-Zn合金板と吸水・保水繊維による犠牲陽極防食効果に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.563-566, 2010.
伊藤義浩, 山下岳史, 貝沼重信, 向川優貴:炭酸ガス環境におけるACM型腐食センサの適用性, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.551-554, 2010.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介:大気腐食環境における犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.543-546, 2010.
加藤祐介, 貝沼重信, 向川優貴:腐食環境が鋼部材の腐食表面性状に及ぼす影響に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.603-608, 2010.
向川優貴, 貝沼重信:塗装鋼部材の腐食表面性状の評価・予測手法に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.547-550, 2010.
山本悠哉, 貝沼重信, 向川優貴, 伊藤義浩:さび厚を用いた無塗装耐候性鋼部材の腐食深さの評価方法に関する基礎的研究, 鋼構造年次論文報告集, Vol.18, pp.567-570, 2010.
細見直史, 貝沼重信:コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の応力集中係数の評価・予測手法, 土木学会論文集 A, Vol. 66, No.4, pp.613-630, 2010.
2009
貝沼重信, 細見直史, 後藤淳, 伊藤義人:海洋環境下における長尺鋼部材の腐食挙動の評価・予測に関する基礎的研究, 土木学会論文集 A, Vol. 65, No.2, pp.440-453, 2009.
S. Kainuma and N. Hosomi: Fatigue Life Evaluation of Corroded Structural Steel Members in Boundary with Concrete, International Journal of Fracture, Vol.158, No.1, pp.149-158, 2009.
2008
貝沼重信, 香月大翔, 高橋秀樹:染料マイクロカプセル混入塗料による表面疲労き裂長さの推定に関する研究, 非破壊検査, Vol.57, No.12, pp.566-571, 2008.
貝沼重信, 尾上聡史, 三浦健一, 井口進, 川畑篤敬, 内田大介:鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部の疲労き裂に対する試験システムの構築, 土木学会論文集 A, Vol.64, No.2, 297-302, 2008.
細見直史, 貝沼重信:コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の疲労挙動に関する基礎的研究, 土木学会論文集 A, Vol. 64, No. 2, pp.333-349, 2008.
S. Kainuma and T. Mori: A Study on the Fatigue Crack Initiation Point of Load-Carrying Fillet Welded Joints, International Journal of Fatigue, Vol.30, Issue 9, pp.1669-1677, 2008.
S. Kainuma, H. Katsuki, I. Iwai and M. Kumagai: Evaluation of Fatigue Strength of Friction Stir Butt-Welded Aluminum Alloy Joints Inclined to Applied Cyclic Stress, International Journal of Fatigue, Vol.30, Issue 5, pp.870-876, 2008.
2007
貝沼重信, 香月大翔, 高橋秀樹, 日野伸一: 染料マイクロカプセル混入塗料による貫通疲労き裂長さの推定に関する研究, 非破壊検査, 第56巻, 第9号, pp .479-484, 2007.
貝沼重信, 香月大翔, 岩井一郎, 熊谷正樹, 日野伸一: 作用応力に斜めのアルミニウム合金摩擦攪拌突合せ継手の疲労挙動, 溶接学会論文集, 第25巻, 第1号, pp.203-207, 2007.
2006
S. Kainuma and T. Mori: A Fatigue Strength Evaluation Method for Load- carrying Fillet Welded Cruciform Joints, International Journal of Fatigue, Volume 28, Issue 8, pp.864-872, 2006.
貝沼重信, 細見直史: 鋼構造部材のコンクリート境界部における経時的腐食表面性状の数値シミュレーション, 土木学会論文集 A, Vol.62, No.2, pp.440-453, 2006.
2005
I. T. Kim and S. Kainuma: Fatigue Life Assessment of Load-Carrying Fillet Welded Cruciform Joints Inclined to Uniaxial Cyclic Loadings, International Journal of Pressure Vessel and Piping, Vol.82, pp.807-813, 2005.
貝沼重信, 細見直史, 金仁泰, 伊藤義人: 鋼構造部材のコンクリート境界部における経時的な腐食特性に関する研究, 土木学会論文集, No.780/I-70, pp.97-114, 2005.
S. Kainuma and I .T. Kim: Fatigue Strength Evaluation of Load- Carrying Fillet Welded Cruciform Joints with Different Plate Thickness, International Journal of Fatigue, Vol.27, pp.810-816, 2005.
2004
貝沼重信, 細見直史, 金仁泰: 鋼製橋脚隅角部の疲労挙動に及ぼす溶接溶込み深さの影響, 第11巻, 第44号, pp.1-13, 2004.
貝沼重信, 楠本佳寛, 細見直史, 金仁泰: 異なる板厚を有する十字すみ肉溶接継手の疲労挙動, 第22巻, 第4号, pp.557-564, 2004.
伊藤義人, 金仁泰, 貝沼重信, 門田佳久: 素地調整が異なる塗装鋼板の腐食劣化特性および腐食耐久性, 土木学会論文集, No.766/I-68, pp.291-307, 2004.
伊藤義人, 劉斌, 宇佐見康一, 草間竜一, 貝沼重信: 車両衝突を受ける橋梁用鋼製防護柵のひずみ速度効果と性能照査に関する研究, 土木学会論文集, No.759/I-67, pp.337-353, 2004.
貝沼重信, 細見直史, 中根竜二: フェライト系ステンレス鋼のフランジへり溶接継手の溶接残留応力と疲労強度, 溶接学会論文集, 第22巻, 第1号, pp.117-125, 2004.
2003
伊藤義人, 金仁泰, 太田洋, 貝沼重信: 鋼材の耐久性評価のための環境促進実験に関する基礎的研究, 構造工学論文集, Vol.49A, pp.697-706, 2003.
貝沼重信, 細見直史, 金仁泰, 伊藤義人, 柿木信宏: 面外ガセット溶接継手の腐食特性と疲労挙動に関する基礎的研究, 構造工学論文集, Vol.49A, pp.707-715, 2003.
2002
貝沼重信, 柳沼安俊: 表面SH波による十字すみ肉溶接継手のル-トギャップの超音波測定, 非破壊検査, 第51巻, 11号, pp.733-739, 2002.
伊藤義人, 岩田厚司, 貝沼重信: 鋼材の腐食耐久性評価のための環境促進実験とその促進倍率に関する基礎的研究, 構造工学論文集, Vol.48A, pp.1021-1029, 2002.
2001
伊藤義人, 宇佐見康一, 貝沼重信, 杉江昌宣: アルミニウム合金製防護柵の実車衝突に関する数値解析的研究, 構造工学論文集, Vol.47A, pp.1707- 1717, 2001.
I. T. Kim, K. Yamada and S. Kainuma : Fatigue Behavior of Butt Welded Joints Containing Inclined Lack-of-Penetration, Structural Eng./Earthquake Eng., JSCE, No.675/I-55, pp.53-62, 2001.
貝沼重信, 森猛, 一宮充 : 荷重伝達型十字溶接継手の疲労破壊起点の評価方法の提案, 土木学会論文集, No.668/I-54, pp.313-318, 2001.
2000
貝沼重信, 高松大輔: 圧縮繰返し応力下における十字すみ肉溶接継手の疲労挙動, 鋼構造年次論文報告集, 第8巻, pp.723-730, 2000.
貝沼重信, 川本恭朗, 高松大輔, 山田健太郎: 溶接姿勢とル-トギャップが荷重伝達型十字溶接継手の疲労強度に及ぼす影響, 土木学会論文集, No.647/I-51, pp.435-445, 2000.
1999
山田健太郎, 貝沼重信, 香川直輝, 西岡敬治: 鋼I桁橋ウェブギャップ部の疲労試験と応力緩和による疲労寿命向上効果, 土木学会論文集, No.619/I-47, pp.267-278, 1999.
石井博典, 加賀山泰一, 新名勉, 貝沼重信, 山田健太郎: 補修溶接がウェブギャップ部の疲労性状に及ぼす影響, 構造工学論文集, Vol.45A, pp.1183-1191, 1999.
1998
貝沼重信, 山田健太郎, 香川直輝: 鋼I桁橋ウェブギャップ部の応力緩和による疲労寿命向上効果に関する疲労寿命解析, 鋼構造年次論文報告集, 第6巻, pp.435-442, 1998.
小塩達也, 山田健太郎, 貝沼重信, 小幡敏幸, 古市亨: 鋼床版を用いた走行車輌の輪重推定, 構造工学論文集, Vol.44A, pp.1141-1151, 1998.
山田健太郎, 貝沼重信, 鈴木幹紹, 近藤明雅: 主板方向に静的荷重を受けるガセット溶接継手の疲労強度, 構造工学論文集, Vol.44A, pp.1073-1082, 1998.
1997
貝沼重信, 森猛, 一宮充: 十字すみ肉溶接継手のル-ト部から発生する疲労亀裂の進展性状, 鋼構造論文集, Vol.4, No.14, pp.1-8, 1997.
貝沼重信, 山田健太郎, 西岡敬治, 中村一平, 石井博典: 鋼I桁橋の主桁上フランジと横桁の取合部の応力緩和による疲労強度向上法, 構造工学論文集, Vol.43A, pp.927-936, 1997.
1996
貝沼重信, 山田健太郎, 上仙靖, 岩崎雅紀, 西川武宏: 縦リブの疲労き裂が鋼床版に及ぼす影響の実測と解析, 構造工学論文集, Vol.42A, pp.927-936, 1996.
1994
森猛, 貝沼重信: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手・ル-ト破壊の疲労強度評価方法の提案, 土木学会論文集, No.501/I-29, pp.95-102, 1994.
1993
森猛, 貝沼重信, 三木千壽: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手ル-ト破壊の疲労強度解析, 構造工学論文集, Vol.39A, pp.937-946, 1993.

国際会議論文(1994-)

2021
S. Zhuang, S. Kainuma, M. Yang, M. Haraguchi and T. Asano : Surface Observation of Laser-Treated Carbon Steel and Application of Laser Cleaning for Corroded Steel Member, 2021 International Civil Engineering and Architecture Conference, Singapore, 2021.
Y. Gao, S. Kainuma, M. Yang, S. Ishihara, M. Hashimoto and D. Inoue : Corrosion Behavior of Hot-Dip Al Coating Contact with Concrete During Hardening Process of Concrete, 2021 International Civil Engineering and Architecture Conference, Singapore, 2021.
H. Yang, S.Kainuma, M. Yang, K. Muto and T. Asano : Fundamental Study on Weather Resistance of Overlapping Layers Between Al-5Mg Alloy Thermal Spray Coating and Heavy-Duty Paint Coating, 2021 International Civil Engineering and Architecture Conference, Singapore, 2021.
2020
S. Kainuma, S. Zhuang, M. Yang1, K. Toyosawa, T. Asano : Investigation of Corrosion Resistance and Mechanical Properties of Laser-Treated Carbon Steel, 7th International Conference Integrity-Reliability-Failure, Funchal, Portogal, 2020.
S. Kainuma, M. Yang, H. Yang, K. Muto And H. Miyata : Deterioration and Anti-Corrosion Behaviors of Overlapped Layer between Al-5mg Alloy Thermal Spray Coating and Heavy-Duty Paint Coating in Highly Corrosive Atmospheric Environment, 17th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Mallorca, Spain, 2020. AIP Conference Proceedings, Vol.2309, 020048-1–020048-8, 2020.
M. Dote, M. Yang, S. Kainuma, Y. Kuwahara, K. Yamashita and N. Kai : Initial Corrosion Behavior of Spheroidal Graphite Cast Iron and Rust Evaluation in Atmospheric Environment, Corrosion & Prevention 2020, Australia, Perth, 2020.
M. Yang, S. Kainuma and H.X. Yang : Corrosion Resistance and Deterioration Behavior of Overlapping Layer Between Thermal Spray Coating and Heavy-Duty Coating, Corrosion & Prevention 2020, Australia, Perth, 2020.
2019
M. Yang, S. Kainuma, W. Xu : Experimental Study on The Fatigue Fracture Mechanism of Finger Type Expansion Joint, Pacific Structural Steel Conference, Tokyo, Japan, 2019.
A. Kim, S. Kainuma, T. Ikeda, T. Kotera : Effect of Blasting Conditions on Characteristics of Steel Surface and Residual Abrasive Material, Pacific Structural Steel Conference, Tokyo, Japan, 2019.
M. Yang, S. Kainuma, X. Sun : Electrochemical Evaluation on Corrosion Rate of Common Steel Near The Air-Liquid Interface Using An Immersion Sensor, East Asia & Pacific Area Conference & Expo, Yokohama, Japan, 2019.
S. Zhuang, S. Kainuma, M. Yang, K. Okuda, M. Fukuda : Evaluation of Electrochemical Properties of Laser-Cleaned Carbon Steel Plate, East Asia & Pacific Area Conference & Expo, Yokohama, Japan, 2019.
Y. Gao, M. Yang, S. Kainuma, S. Ishihara, M. Hshimoto : Electrochemical Properties of Hot-dip Al and Al-45Zn Coating, East Asia & Pacific Area Conference & Expo, Yokohama, Japan, 2019.
A. Kim, S. Kainuma, T. Ikeda, T. Kotera : Effect of Repeated Cyclic Using of Blast Abrasive Material on The Steel Surface Characteristics, The 2019 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, Jeju, Korea, 2019.
S. Kainuma, M. Yang, Y.S. Jeong : Stress Behaviors for Corroded Surface of Fatigue-Cracked Orthotropic Steel Deck, 3rd International Conference on Structural Integrity and Durability, Dubrovnik, Croatia, 2019.
2017
M. Yang, S. Kainuma, T. Tomoda, K. Minami : Study on Anti-Corrosive Method with Sacrificial Anode for Embedded Steel Members using Water Swelling Rubber, 9th International Symposium on Steel Structures, Jeju, Korea, 2017.
S.Kainuma, Y. Yamamoto, A.R. Kim, Y.S. Jeong, J.H. Ahn : Prediction for Corrosion Depth of Weathering Steel Using Corrosion Product Layer, The 2017 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, Soul, Korea, 2017.
S. Kainuma, J. Du, M. Yang, K. Muto, H. Miyata : Deterioration Behaviors of Overlapping Layers between Al-5Mg Alloy Thermal Spray Coating and Heavy-Duty Paint Coating, 16th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Key Engineering Materials, Florence, Italy, 2017.
2016
S. Kainuma, Y. Yamamoto, Y.S. Jeong : Practical Method for Estimating Time-Dependent Corrosion Depth of Uncoated Carbon Steel Plate Under Atmospheric Environment Using Fe/Ag Galvanic Couple ACM-Type Corrosion Sensor, 15th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Alicante, Spain, Key Engineering Materials, Vol.713, pp.187-191, Alicante, Spain, 2016.
M. Yang, S. Kainuma, Y.S. Jeong, S. Inokuchi, A. Kawabata, D. Uchida : Analytical Investigation for Stress Response of Orthotropic Steel Deck with Through-Deck Cracks, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.445-448, Seoul, Korea, 2016.
G. Mashimoto, S. Kainuma, Y. S. Jeong : Spatial Statistics Simulation of The Corrosion Behavior of The Steel Members on Artificial Coating Defects, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.385-388, Seoul, Korea, 2016.
J. Du, S. Kainuma, J. Kobayashi, Y.S. Jeong1, K. Muto, H. Miyata : Fundamental Study on Anti-Corrosion Characteristics of Overlapping Layer Between Thermal Sprayed Al-5Mg Coating and Heavy Duty Paint Coating, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.377-380, Seoul, Korea, 2016.
R. Watanabe, S. Kainuma, Y. S. Jeong, J. Kobayashi, W. Oshikawa : Acceleration Coefficients of Cyclic Corrosion Test with Respect to Atmospheric Exposure Test for Uncoated Steel Plates, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.381-384, Seoul, Korea, 2016.
K. Yagi, S. Kainuma, M. Hirao : Effect of Heat Capacity on Corrosion Behaviors of Uncoated Carbon Steel Under Various Atmospheric Environments Using Fe/Ag Galvanic Couple Corrosion Monitoring Sensors, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.449-452, Seoul, Korea, 2016.
M. Hirao, S. Kainuma1, Y.S. Jeong, J. Kobayashi, X.Guo, T. Shinohara: Influence of Commencing Time of Exposure Test on Corrosion Behavior of Uncoated Common Steel and Weathering Steel, 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management, pp.457-460, Seoul, Korea, 2016.
S. Kainuma, Y. Tsuchihashi, Y.S. Jeong, S. Ishihara : Development of A Corrosion Monitoring Sensor for Structural Steel Member in Boundary With The Ground, 17th International Conference on Experimental Mechanics, CD-ROM, Rhodes, Greece, 2016.
T. Sakamaoto and S. Kainuma : Fundamental Research on Factors Affecting the Under-Film Corrosion Behavior of Coated Steel Members, 18th International Conference on Chemistry and Chemical Engineering, CD-ROM, Amsterdam, Netherlands, 2016.
International Scholarly and Scientific Research & Innovation, Vol.10, No.2, pp.232-237, 2016.
M. Yang, S. Kainuma, Y.S. Jeong, A. Kawabata, S.Inokuchi and D.Uchida : Parametric FE Analysis for Fatigue Behavior of Rib-to-Deck Welded Joints in Orthotropic Steel Decks, International Association for Bridge and Structural Engineering Spring Conference, CD-ROM, Guangzhou, China , 2016.
2015
S. Kainuma, Y.S. Jeong and J. Kobayashi : Influence of Size and Proximity of Paint Coating Defects on Corrosion Behavior of Carbon Steel Plates, 14th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Budva, Montenegro, Key Engineering Materials, Vol.665, pp.125-128, 2015.
Y. S. Jeong, S. Kainuma and T.Imamura : Corrosivity Evaluation for Each Structural Part of Steel Deck Truss Bridge Before and After Dam Construction, 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, Inchon, South Korea, 2015.
M. Michino, S. Kainuma, Y. Yamamoto, Y. S. Jeong, Y. Fujioka, A. Warashina, S. Takagi and M. Uchino : Investigation for Corrosion Characteristic of Structural Members on Unpainted Weathering Steel Bridge, 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, Inchon, South Korea, 2015.
Y. Tsuchihashi, S.Kainuma, Y. S. Jeong, S. Ishihara, D. Uchida, A. Kaneko and T. Yamauchi : Corrosion Protection Effect with Scrificial Anode for Corroded Stel Members Using Al-Zn Alloy Casting Materials and Fiber Sheet, 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, Inchon, South Korea, 2015.
J. Kobayashi, S. Kainuma and Y. S. Jeong : Investigation on Correlation and Acceleration Coefficients of Accelerated Corrosion Tests to Atmospheric Exposure Tests, 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, Inchon, South Korea, 2015.
2014
Y. S. Jeong, S. Kainuma and T. Imamura : Investigation for Effect of Local Corrosion Environment on Structural Member, 4th International Conference on Applied Science and Engineering, 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, Soul, Korea, 2014.
S. Ishihara, S. Kainuma, D. Uchida, A. Kaneko and T. Yamauchi : Fundamental Study on Corrosion Protection of Steel Members with a Porous Sintered Al-Zn Plate and Fiber Sheet under the Atmospheric Environment, 19th International Corrosion Congress, CD-ROM, Jeju, Korea, 2014.
Y. S. Jeong, S. Kainuma and S. Tsukamoto : Assessment on Deformable Behaviors of The Orthotropic Steel Deck Stiffened by Bulb Rib Depending on Corrosion Damage, 7th International Conference on Thin-Walled Structures, CD-ROM, Soul, Korea, 2014.
S. Kainuma, Y. S. Jeong, N. Yagi and D. Uchida : Fatigue Behavior of Out-of-plane Gusset Welded Joints with One Side Fillet Weld, Sixth International Conference on Engineering Failure Analysis, CD-ROM, Lisbon, Portugal, 2014.
2013
S. Kainuma, Y. Yamamoto and Y. Itoh : Practical Method for Estimating Corrosion Depth of Uncoated Carbon Steel Using Thickness of the Corrosion-product Layer, 12th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Sardina, Italy, Key Engineering Materials, Vol.577-578, pp.201-204, 2013.
M. Yamauchi, M. Fujii, S. Kainuma and H. Hirai : Influence of Remaining Lifting Piece on Fatigue Strength of Orthotropic Steel Decks, 2013 International Orthotropic Bridge Conference, CD-ROM, Sakuramento, USA, 2013.
J. H. Ahn, S. Kainum, I. T. Kim and Y. S. Jeong : Assessment of Shear Behaviors of a Web Panel with Free lower boundary, 2013 AMEE Workshop on Civil Engineering and Materials Science, CD-ROM, Hong Kong, China, Advanced Materials Research Vol.684, pp.116-119, 2013.
Y. S. Jeong, S. Kainuma and J. H. Ahn : Investigation on Corroded Figuration of Weathering and Carbon Steel Using Spatial Statistics, 2013 AMEE Workshop on Civil Engineering and Materials Science, CD-ROM, Hong Kong, China, Advanced Materials Research Vol.684, pp 120-124, 2013.
2012
S. Kainuma, J. H. Ahn, Y. S. Jeong and H. Takahashi: Examination of fatigue crack detection using micro-encapsulated dye mixing paint, 1st International Conference of Advances in Structural Health Management and Composite Structures, CD-ROM, Jeonbuk, South Korea, 2012.
Y. S. Jeong, S. Kainuma and J. H. Ahn: Stress Concentration Factor of Time-Dependent Corroded Surfaces for uncoated Carbon Steel Plates, 1st International Conference of Advances in Structural Health Management and Composite Structures, CD-ROM, Jeonbuk, South Korea, 2012.
M. Yamauchi, M. Fujii, S. Kainuma and H. Hirai: Influence of Remaining Lifting Piece on Fatigue Strength of Orthotropic Steel Decks, 2013 International Orthotropic Bridge Conference, CD-ROM, USA, 2012.
S. Kainuma, J. H. Ahn, Y. S. Jeong,H. Sugiyama,A. Tabata and M. Iwasaki: Structural Behaviors of the Fatigue-Cracked Orthotropic Steel Bridge Deck With Bulb Ribs, Fifth International Conference on Engineering Failure Analysis, CD-ROM, Hague, Netherlands, 2012.
Y. S.Jeong,S. Kainuma and J. H. Ahn: Numerical Evaluation of Time-Dependent Corroded Steel Surface Under Various Atmospheric Environments, Fifth International Conference on Engineering Failure Analysis, CD-ROM, Hague, Netherlands, 2012.
2011
Y. Itoh and S. Kainuma: Evaluation of Atmospheric Environment and Time-Dependent Corrosion Depth for Unpainted Carbon Steel Using Zn/Ag ACM Corrosion Sensor, Proceedings of 18th International Corrosion Congress, CD-ROM, Perth, Australia, November, 2011.
S. Kainuma and Y. Itoh: Applicability of an ACM type corrosion sensor to evaluations of corrosive environments in gas piping, Proceedings of The European Corrosion Congress, EUROCORR 2011, CD-ROM, Stockholm, Sweden, September, 2011.
S. Kainuma and Y. S. Jeong: Spatial Statistical Analyses for Time-dependent Corroded Surfaces of Uncoated Weathering Steel Plates in Various Corrosive Environments, Proceedings of 8th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, CD-ROM, Dubrovnik, Croatia, September, 2011.
2010
S. Kainuma, Y. Mukaigawa, Y. Itoh, Y. Jeong and I. T. Kim: Spatial Statistical Simulation for Time-dependent Corroded Surfaces of Carbon Steel Plates in Various Corrosive Environments, Proceedings of 4th International Conference on Structural Engineering, Mechanics and Computation, CD-ROM, Cape Town, South Africa, September, 2010.
2009
S. Kainuma, K. Sugitani, Y. Itoh And I. T. Kim: Evaluation Method for Time-Dependent Corrosion Behavior of Carbon Steel Plate Using Atmospheric Corrosion Monitoring Sensor, Proceedings of 6th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Advances in Fracture and Damage Mechanics VIII,pp.417-420, Malta, September, 2009.
H. Matsushita, S. Inokuchi, D. Uchida, A. Kawabata and S. Kainuma: Development of the Experimental Method for Fatigue Cracks on Weld Roots between Deck Plates and U-Shaped Ribs in Orthotropic Steel Decks, Proceedings of 8th Japanese-German Bridge Symposium, CD-ROM, Germany, August, 2009.
S. Kainuma, K. Sugitani, Y. Itoh and I. T. Kim: Evaluation Method for Time-Dependent Corrosion Behavior of Carbon Steel Plate Using Atmospheric Corrosion Monitoring Sensor, Proceedings of 6th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, May, 2009.
2008
S. Inokucchi, S. Kainuma, A. Kawabata and D. Uchida: Field Measurement and Development of an Experimental System for Fatigue-Cracking from Weld Roots between Deck Plate and U-rib in Orthotropic Steel Decks, Proceedings of 2008 International Orthotropic Bridge Conference, August, 2008.
2007
I. T. Kim, S. Kainuma and N. Hosomi: Corrosion and fatigue behaviors of steel plates in boundary with concrete, Proceedings of 4th Structural Engineering and Construction Conference, CD-ROM, Melbourne, Australia, September, 2007.
S. Kainuma, N. Hosomi and I. T. Kim: Fatigue Behavior of Corroded Structural Steel Members in Boundary with Concrete, Proceedings of 6th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, July, 2007.
S. Kainuma, N. Hosomi and I. T. Kim: Fatigue Behavior of Corroded Structural Steel Members in Boundary with Concrete, Proceedings of 6th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, Advances in Fracture and Damage Mechanics VI, pp.245-258, Madeira, Portugal, July, 2007.
2005
S. Kainuma, N. Hosomi and S. Hino: Numerical Simulation of the Time-Dependent Corroded Surface of Structural Steel Members in Boundary with Concrete, Proceedings of International Conference on Structural Condition Monitoring and Damage Identification, CD-ROM, Perth, Australia, December, 2005.
2003
I. T. Kim, Y. Itoh, Y. Kadota, S. Kainuma: Corrosion Characteristic of Painted Steels with Different Surface Preparation, Proceedings of the 7rd Korea-Japan Joint Seminar Steel Bridge, pp.237-244, August, 2003.
2002
S. Kainuma, N. Hoshomi, I. T. Kim and Itoh: Fatigue Behavior of Corroded Out-of-plane Gusset Welded Joints, Proceedings of the Second International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics, CD-ROM, August, 2002.
Y. Itoh, A. Yazawa, T. Kitagawa, S. Kainuma, Y. Yamamoto and Y. Kutsuna: Study on Environmental Durability of Rubber Bearing for Bridges, Proceedings of IABSE Symposium Melbourne, pp.1-7, January, 2002.
2001
Y. Itoh, A. Iwata, S. Kainuma, K. Kadota and T. Kitagawa: Accelerated Exposure Tests of Durability for Steel Bridges, Proceedings of the Eighth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, CD-ROM, December, 2001.
Y. Itoh, K. Usami, R. Kusama, and S. Kainuma: Numerical Analyses of Steel and Aluminum Alloy Bridge Guard Fences, Proceedings of the Eighth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, CD-ROM, December, 2001.
S. Kainuma, T. Mori and Y. Itoh, Numerical Analysis on Fatigue Failure Modes in Load- carrying Fillet Welded Cruciform Joints, Proceedings of the First International Structural Engineering and Construction Conference, pp.863-867 , January, 2001.
1999
S. Kainuma, K. Yamada, N. Kagawa, H. Ishii and T. Nishioka: Fatigue Tests of Web Gap Plate with Semi-Circular Cut-Out in Plate Girder Bridge, Proceedings of the 5th Korea-Japan Joint Seminar on Steel Bridge, pp. 445-455, October, 1999.
I. T. Kim, K. Yamada, S. Kainuma and K. Itoh: Fatigue Test of Tensile Plates with Inclined Fillet Welded Ribs, Proceedings of the 5th Korea-Japan Joint Seminar on Steel Bridge, pp.313-320, October, 1999.
T. Ojio, H. Shinkai, K. Yamada and S. Kainuma: Recent Development of Bridge Weigh-In- Motion Systems, Proceedings of the 5th Korea-Japan Joint Seminar on Steel Bridge, pp. 257-268, Octorber, 1999.
S. Kainuma, Y. Kawamoto, D. Takamatsu and K. Yamada: Fatigue Tests of Load-Carrying Fillet Welded Cruciform Joints with Root Gap, Proceedings of the Seventh East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 213-218,August, 1999.
T. Mori and S. Kainuma: A study on Fatigue Crack Initiation Points in Load- Carrying Type of Cruciform Fillet Welded Joints, Proceedings of the Seventh East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 219-224, August, 1999.
K. Yamada, S. Kato, A. Okabe, S. Kainuma and T. Ojio: Fatigue Behavior of Tensile Plates with Inclined Fillet Welded Ribs, Proceedings of the Seventh East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 225-230, August, 1999.
N. Kagawa, K. Yamada, S. Kainuma and T. Nakamura: Fatigue Behavior of Improved Welded Cover Plate Detail, Proceedings of the Seventh East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 171-176, August, 1999.
1998
S. Kainuma, K. Yamada, N. Kagawa, T. Nishioka and H. Ishii: Improving Method of Fatigue Life of Web Gap Plate by Semi-Circular Cut-Out, Proceedings of the Sixth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp.1713-1718, January, 1998.
K. Yamada, S. Kainuma, M. Suzuki and A. Kondo: Fatigue Tests of Gusset-Welded Specimens with Side Static Load, Proceedings of the Sixth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp.1719-1724, January, 1998.
K. Yamada, N. Okado, Q. Cao and S. Kainuma: Fatigue Crack Growth Behavior of Structural Steel after Periodic Overload and Variable Amplitude Block Loading, Proceedings of the Sixth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 1761-1766, January,1998.
T. Ojio, K. Yamada, S. Kainuma and T. Obata: Measurement of Wheel Loads Using Orthotropic Steel Deck, Proceedings of the Sixth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, pp. 411-416, January,1998.
1997
K. Yamada, T. Ojio, S. Kainuma and T. Obata: Stress Measurement and Repair of a Fatigue Cracked Box Girder Bridge, Proceedings of IABSE Workshop Lausanne, pp.149-157, March, 1997.
1996
S. Kainuma, K. Amada, N. Kagawa, T. Nishioka and H. Ishii: Improving Effect on Fatigue Strength of Web Gap Plate by Semi-circular Cut-out, Proceedings of Asian-Pacific Symposium on Bridge and Fatigue, pp.71-78, December, 1996.
K. Yamada, S. Kainuma and T. Ojio: Stress Measurements of Orthotropic Steel Deck of A Box Girder Bridge, Proceedings of Asian-Pacific Symposium on Bridge and Fatigue, pp.55-60, December, 1996.
K. Yamada, S. Kainuma and H. Tanaka: Some Practical Aspects of Fatigue Analysis Using Fracture Mechanics, Proceedings of International Conference on Urban Engineering in Asian Cities in the 21st Century, November, 1996.
K. Yamada and S. Kainuma: Practical Aspects of Fracture Mechanics Applied to Fatigue, Proceedings of the Fourth International Symposium on Structural Engineering for Young Experts, Vol.1, pp.1-13, November, 1996.
1994
K. Yamada, A. Kondo, S. Kainuma, H. Tanaka and N. Okado: Fatigue Behavior of In-Plane Side Gusset Subjected to Biaxial Loads, Proceedings of the 3rd Korea-Japan Joint Seminar Steel Bridge, pp.217-219, October, 1994.

学術講演会

2022
Xie Jiajing, Yang Muye,Kainuma Shigenobu:Galvanic corrosion behavior between CFRP and steel under the water film condition,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3
楊昊軒, 貝沼重信, 鈴木啓介, 豊田雄介: NaClによる高腐食性環境における金属溶射皮膜の耐食・防食特性に関する基礎的研究 ,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
岡田紗季, 岡田紗季, 貝沼重信, パクサンホン, 池田達哉, 豊田雄介, 森田祐史: 研削材を用いた超高圧水混相流体による表面処理技術の除塩・徐錆効果に関する基礎的研究,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
Park SANGHONG,PARK Sanghong,KAINUMA Shigenobu,YANG Muye ・IKEDA Tatsuya,ASANO Takahiro・MORITA Yushi Surface Characteristics of Carbon Steel Treated by Abrasive Waterjet Treatment,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
高木魁士, 貝沼重信, 楊沐野, 赤堀智幸 鋼部材の地際部に対する水膨潤ゴムを用いた犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
LIU WEIJIE,YANG Muye,KAINUMA Shigenobu,XIE Jiajing:Effect of corroded surface preparation on adhesive behavior of CFRP-steel single strapped joints,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
井上拓海, 貝沼重信, 楊昊軒, 鈴木啓介, 豊田雄介: 金属溶射皮膜と重防食塗膜の重ね部の耐久・防食特性に関する基礎的研究,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
橋本大樹, 貝沼重信, 高木魁士, 石原修二, 兼子彬, 井上大地, 仲谷伸人, 住谷龍明: 部材閉塞部における犠牲陽極防食技術の適用性に関する基礎的研究,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
NIU Wenxuan,YANG Muye,XIE Jiajing,KAINUMA Shigenobu:Temperature accelerating effect on the galvanic corrosion between carbon fiber and common steel,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
GAO Yang,KAINUMA Shigenobu,YANG Muye,ISHIARA Shuji,HASHIMOTO Mikio,INOUE Daichi:Corrosion Behavior of Hot-dip Al Coated Steel Plate Contact with Concrete in a Highly Corrosive Atmospheric Environment,令和3年度土木学会西部支部研究発表会,2022.3.
2021
楊沐野: 熱影響部に着目した鋼製伸縮装置の疲労破断メカニズムの検討,JSSC 鋼構造シンポジウム2021,2021.11.
朴相泓: アブレイシブウォータージェット処理の影響を受ける鋼表面特性,JSSC 鋼構造シンポジウム2021,2021.11.
高木魁士: 様々な大気環境における都市内高架橋の腐食性評価に関する研究,JSSC 鋼構造シンポジウム2021,2021.11.
田中蒼之: ロケット打上げ時の噴煙が鋼材の腐食進行性に及ぼす影響に関する基礎的研究,JSSC 鋼構造シンポジウム2021,2021.11.
謝嘉靖, 楊沐野, 貝沼重信: Influence of Curing at Different Temperatures on the porosity and Strength of CFRP, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
劉偉傑, 貝沼重信, 楊沐野, 謝嘉靖: Investigation on the bond behavior between different cleaned steel surfaces and carbon fiber sheets, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
Sanghong Park, Shigenobu Kainuma, Muye Yang, Tatsuya Ikeda, Takahiro Asano, Yushi Morita: Fundamental study on steel surface properties by Abrasive Water Jet treatment, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
高揚, 貝沼重信, 楊沐野, 石原修二, 橋本幹雄, 井上大地: 大気環境における溶融アルミめっきの鋼板とコンクリートの接触腐食挙動, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
樋口亮, 貝沼重信: 乾湿繰り返し環境における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学特性, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
井上凌, 貝沼重信, 佐藤弘隆, 鈴木啓介: 重防食塗膜傷間の鋼材腐食に対する 電気化学防食機構の解明に関する基礎的研究, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
鈴木啓介, 貝沼重信: 塗膜傷間の鋼材腐食に対するジンクリッチペイントの防食作用に関する基礎的研究, 2021.9.
田中蒼之, 貝沼重信, 楊昊軒, 武藤和好: 金属溶射皮膜と重防食塗膜の皮膜重ね部の耐久性に関する基礎的研究, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
高木魁士, 石原修二, 兼子彬, 貝沼重信, 井上大地, 住谷龍明: Al-5Mg合金溶射皮膜の劣化部に対する大気犠牲陽極防食技術の適用性に関する基礎的研究, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
楊昊軒, 貝沼重信, 武藤和好, 宮田弘和: NaCl による高腐食性環境におけるクロスカットを有するAl・Zn 系溶射皮膜の耐久・防食性能に関する基礎的研究, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
飯尾翔磨, 貝沼重信, 石原修二, 王啓迪: 電気化学的素地調整法の実構造物への適用性に関する基礎的研究, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
岡田紗季, 貝沼重信, 土手一朗, 山下和也: 粉末X線回折法とラマン分光法による球状黒鉛鋳鉄の腐食特性の分析, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
王啓迪, 貝沼重信, 楊沐野: 重度腐食耐候性鋼の腐食ピット特性に関する調査, 令和3年度全国大会 第76回年次学術講演会, 2021.9.
Maoling Zhao, Shigenobu Kainuma, Aran Kim, Muye Yang : Spatial Point Process and Electrochemical Approach of Detecting Short-Time Corrosion on Steel Substrates after Abrasive Blast Treatment, 材料と環境2021, 2021.5.
岡田紗季, 貝沼重信, 土手一朗, 桑原裕樹, 山下和也: 粉末 X 線回折法とラマン分光法による球状黒鉛鋳鉄の腐食特性の分析, 材料と環境2021, 2021.5.
鈴木啓介, 井上凌, 貝沼重信, 楊沐野: 塗膜傷間の鋼材腐食に対するジンクリッチペイントの防食作用に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
ZHUANG Shusen, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, KAKU Hou, ASANO Takahiro: Mechanical Properties of High-strength Steel Affected by Laser Surface Treatment, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
LIU Weijie, YANG Muye, KAINUMA Shigenobu, XIE Jiajing: Fundamental study on the bond strength between different cleaned steel surfaces and carbon fiber sheets, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
XIE Jiajing, Yang Muye, KAINUMA Shigenobu: Effect of ambient temperature on initial curing stage of CFRP strengthened steel structure by evaluating the porosity and bond strength, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
PARK SANGHONG, PARK Sanghong, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, IKEDA Tatsuya, ASANO Takahiro, MORITA Yushi: Investigation on Steel Surface Configuration by Abrasive Water Jet Treatment, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
GAO Yang, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, ISHIARA Shuji, HASHIMOTO Mikio, INOUE daichi: Corrosion Behavior of Hot-dip Al Coated Steel Plate Contact with Concrete in the Atmospheric Environment, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
ZHAO Maoling, KAINUMA Shigenobu, KIM Aran, YANG Muye: Short-time Corrosion Behavior on Steel Surface after Abrasive Blast Treatment, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
WANG Qidi, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye: Investigation on Corrosion Pit Characteristics of Severe Corroded Weathering Steel, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
井上凌, 貝沼重信, 鈴木啓介, 佐島隆生: 塗膜傷を有する重防食系塗装鋼材の防食効果の定量評価に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
楊昊軒, 貝沼重信, 武藤和好, 宮田弘和: NaClによる高腐食性環境におけるクロスカットを有する金属溶射皮膜の耐久・防食性能に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
高木魁士, 貝沼重信, 飯尾翔磨, 石原修二, 兼子彬, 井上大地, 住谷龍明: Al-5Mg合金溶射皮膜溶射劣化部に対する大気犠牲陽極防食技術の適用性に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
樋口亮, 貝沼重信, 井上凌: 水膜の乾燥過程における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学特性に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
キムアラン, 貝沼重信, 池田龍哉: ブラストの研削材における鋼素地表面が電流インピーダンス特性に及ぼす影響, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
飯尾翔磨, 貝沼重信, 石原修二, 王啓迪: 電気化学素地調整法の実構造物への適用性に関する基礎的研究, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
岡田紗季, 貝沼重信, 土手一朗, 山下和也: 粉末X線回折法とラマン分光法による球状黒鉛鋳鉄の腐食特性の分析, 令和2年度土木学会西部支部研究発表会, 2021.3.
2020
庄樹森, ⾙沼重信, 楊沐野, 原⼝学, 浅野貴弘: Effects of laser treatment on surface morphology and electrochemical properties of carbon steel with pitting corrosion, 第8回九州橋梁, 構造工学研究会シンポジウム, 2020.12.
飯尾翔磨, ⾙沼重信, ⽥端⼀雅: 吊橋主ケーブルに対するACM 型腐⾷センサの設置⽅法が腐⾷環境モニタリングに及ぼす影響評価, 第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2020.12.
井上凌, ⾙沼重信: 塗膜傷間の鋼材腐⾷に対するジンクリッチペイントの防⾷効果に関する基礎的研究, 第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2020.12.
謝嘉靖, 楊沐野, ⾙沼重信: Effect of electrochemical behavior on the galvanic corrosion between carbon fiber sheet and common steel, 第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2020.12.
Shusen Zhuang, Shigenobu Kainuma, Muye Yang (Kyushu Univ.); Manabu Haraguchi (Toyokoh Inc.); Takahiro Asano (NEXCO): Influence of Thermal Effects Result from CW Laser Treatment on the Electrochemical Properties of Carbon Steel, 第67回材料と環境討論会, 2020.10.
Muye Yang, Jiajing Xie, Shigenobu Kainuma, Weijie Liu (Kyushu Univ.): Fundamental Study on the Anisotropic Electrochemical Behavior of Carbon Fiber Used for Structural Strengthening, 第67回材料と環境討論会, 2020.10.
趙茂伶, ⾙沼重信, 庄樹森, 楊沐野, 原⼝学, 浅野貴弘: Electrochemical analysis and SEM-EDX characterization of laser-treated weathering steel plate, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
⾼揚, 楊沐野, ⾙沼重信, ⽯原修⼆, 橋本幹雄: Galvanic corrosion behavior between hot-dip 55Al-Zn and Al coatings in the atmospheric environment, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
Muye Yang, Shigenobu Kainuma, Yang Gao, Mikio Hashimoto: Deterioration mechanism of hot-dip Al coating in a coastal-atmospheric environment, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
庄樹森, ⾙沼重信, 趙茂伶, 楊沐野, 原⼝学, 浅野貴弘: Electrochemical, microstructure and XRD study on surface modification effects of laser-treated carbon steel, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
謝嘉靖, 楊沐野, ⾙沼重信: CFRP鋼接合部に使⽤されるエポキシ接着剤の吸⽔効果に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
朴相泓, ⾙沼重信, 楊沐野, キムアラン: Evaluation on the surface properties and adhesive strength of blasted steel plate used for CFRP/steel joint, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
飯尾翔磨, ⾙沼重信, ⽯原修⼆: 重度腐⾷した鋼部材の電気化学的素地調整法に関する基礎的検討, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
樋⼝亮, ⾙沼重信, ⻑⾕川昂志, 楊沐野: 滞⽔環境における耐候性鋼材の塗膜傷間の鋼材腐⾷に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
劉偉傑, ⾙沼重信, 楊沐野, 井上凌: ジンクリッチペイント塗膜傷における鋼材腐⾷の電気化学特性に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
井上凌, ⾙沼重信, 劉偉傑: 複数塗膜傷間の鋼材腐⾷に対するジンクリッチペイントの防⾷効果に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
岡⽥紗季, ⾙沼重信, ⼟⼿⼀朗, ⼭下 和也: ⼤気環境における球状⿊鉛鋳鉄の腐⾷挙動に関する研究⼤気環境における球状⿊鉛鋳鉄の腐⾷挙動に関する研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
楊昊軒, ⾙沼重信, 武藤和好, 宮⽥弘和: Al-5Mg合⾦溶射と重防⾷塗装の重ね⽪膜の耐候性向上に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
キムアラン, ⾙沼重信, 有島和弥: 超⾳波噴霧を⽤いた定量塩付着⼿法における塩付着性状に関する基礎的研究, 令和2年度全国大会 第75回年次学術講演会, 2020.9.
ZHUANG Shusen, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, ZHAO Maoling, HARAGUCHI Manabu, ASANO Takahiro: Surface Oxide Composition and Electrochemical Properties of Laser-treated Weathering Steel, 材料と環境2020, 2020.5.
西村徹也, 山根彰, 尾知修平, 市場幹之, 冨山禎仁, 貝沼重信: 過酸化水素水スプレー型促進耐候性試験(HP-Xe 試験)の検討 3, 材料と環境2020, 2020.5.
樋口亮, 貝沼重信, 長谷川昂志: 滞水環境における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学特性に関する基礎的研究, 材料と環境2020, 2020.5.
長谷川昂志, 貝沼重信, 樋口亮, 佐島隆生: 滞水環境における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学特性に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
宮崎泰樹, 貝沼重信, 長谷川昂志, 井上凌: 塗膜傷間の鋼材腐食に対する有機ジンクリッチペイントの犠牲防食効果に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
Xu Weikun, Kainuma Shigenobu, Yang Muye: Comparison of stress concentration factor between actual and predicted corrosion surface configurations by spatial statistics simulation, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
井上凌, 貝沼重信, 宮崎泰樹, 佐島隆生: ジンクリッチ塗膜の傷における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
岡田紗季, 貝沼重信, 土手一朗, 山下和也: 大気環境における球状黒鉛鋳鉄の腐食挙動に関する研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
XIE Jiajing, YANG Muye, KAINUMA Shigenobu: "Fundamental study on the reversible effects of water absorption in epoxy adhesive used in CFRP/ steel joints", 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
楊昊軒, 貝沼重信, 武藤和好, 宮田弘和: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね皮膜部の耐候性向上に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
PARK Sanghong, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, KIM Aran: Fundamental study on the surface properties and adhesion strength of blast treated steel plate, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
竹田智紀, 貝沼重信, 飯尾翔磨, 石原修二, 兼子彬, 井上大地, 山内孝郎: Al-5Mg合金溶射被膜に対するAl-3%Zn陽極板と繊維シートを用いた大気犠牲陽極の適用性に関する研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
劉少博, 貝沼重信, 楊昊軒, 武藤和好, 宮田弘和: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
WANG Qidi, KAINUMA Shigenobu, ZHUANG Shusen, KIM Aran, HARAGUCHI Mamabu: Effect of Blasting and Laser on Substrate Roughness and Coating Adhesion, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
有島和弥, 貝沼重信, キムアラン: 超音波噴霧器を用いた定量塩付着手法の提案及び塩付着性状に関する基礎的検討, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
金子岳史, 貝沼重信, 浅野貴弘, 原口学: レーザー処理を施した鋼材の機械的性質に関する基礎的検討, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
樋口亮, 貝沼重信, 長谷川昂志, 楊沐野: 滞水環境における耐候性鋼材の塗膜傷間の鋼材腐食に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
SUN XIAOTONG, 貝沼重信, 末崎将司, 楊沐野: 水膨潤ゴムを用いた犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
GAO Yang, YANG Muye, KAINUMA Shigenobu, ISHIARA Shuji, HASHIMOTO Mikio: Galvanic corrosion behavior between 55Al-Zn and Al hot-dip coatings in the atmospheric environment, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
飯尾翔磨, 貝沼重信, 石原修二: 重度に腐食した鋼部材の電気化学的素地調整法に関する基礎的検討, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
LIU Weijie, YANG Muye, KAINUMA Shigenobu: Effect of brittle and ductile adhesive on the bond behavior of CFRP-steel composite using CZM method, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
ZHAO Maoling, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, HARAGUCHI Manabu, ASANO Takahiro: Electrochemical properties and surface element analysis of laser-treated weathering steel plate, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
ZHUANG Shusen, KAINUMA Shigenobu, YANG Muye, HARAGUCHI Manabu, ASANO Takahiro: Surface Preparation of Severe Corroded Steel Member by Laser Irradiation Combined with Pretreatment, 令和元年度土木学会西部支部研究発表会, 2020.3.
2019
楊沐野, Kainuma Shigenobu, Zhuang Shusen: Electrochemical study on the passive cathodic protection for steel bridge using Al-Zn based sacrificial anode, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
Shusen Zhuang, Shigenobu Kainuma, Muye Yang, Kazuaki Toyosawa, Yasuo Fukunaga: Effects of Laser Surface Treatment with Different Processing Parameters on Electrochemical Properties of Carbon Steel Plate, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
Yang Gao, Shigenobu Kainuma, Muye Yang, Hanbin Ge: Mechanical Properties of Hot-dip Al and Al-45Zn Galvanized Steel Plates, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
長谷川昂志, 貝沼重信, 樋口亮, 佐島隆生: 近接した塗膜傷間の乾湿繰り返し環境における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
樋口亮, 貝沼重信, 長谷川昂志: 滞水環境における4つの塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
SUN XIAOTONG, 楊沐野, 貝沼重信: 地際腐食センサの露出部と浸漬部の面積比が気液界面近傍のマクロセル腐食に及ぼす影響, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
土手一朗, 桑原裕樹, 椎本圭一, 甲斐信博, 貝沼重信: 球状黒鉛鋳鉄の大気暴露試験とさびの評価, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
キムアラン, 貝沼重信, 池田龍哉, 小寺健史: 溶融アルミナの使用繰返し回数が鋼素地の表面性状と研削材残留に及ぼす影響, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
竹田智紀, 貝沼重信, 山下和也, 石原修二, 井上大地, 兼子彬, 山内孝郎: 大気犠牲陽極防食で使用した架橋型アクリレート繊維シートの吸水・保水性がその防食電流に及ぼす影響評価, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
飯尾翔磨, 貝沼重信, 竹田智紀, 石原修二, 兼子彬, 山内孝郎: 腐食環境の相違が鋼材の大気犠牲陽極防食の効果に及ぼす影響, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
劉少博, 貝沼重信, 楊沐野, 武藤和好, 宮田弘和: 寒冷・飛来海塩環境における Al-5%Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食性に関する基礎的研究, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 井上大地, 橋本幹雄: 溶融アルミニウムめっきのコンクリート接触部における腐食挙動に関する基礎的検討, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
福田雅人, 徐超男, 貝沼重信, 麻生孝志: 応力発光技術を用いたコンクリート橋のひび割れ進展挙動の定量評価に関する試験施工, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
宮崎泰樹, 貝沼重信, 竹田智紀, 飯尾翔磨: 大気環境における普通鋼板と耐候性鋼板の腐食表面性状の空間統計数値シミュレーション, 2019年度全国大会 第74回年次学術講演会, 2019.9.
宮﨑泰樹, 貝沼重信, 谷川慶太, 長谷川昂志, 樋口亮: 滞水環境における複数塗膜傷間の鋼部材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 第39回防錆防食技術発表大会, 2019.7.
長谷川昂志, 貝沼重信, 樋口亮, 佐島隆生: 近接塗膜傷間の乾湿繰り返し環境における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 材料と環境2019, 2019.5.
樋口亮, 貝沼重信, 長谷川昂志: 滞水環境下における4 つの塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 材料と環境2019, 2019.5.
キムアラン, 貝沼重信 (九大), 池田龍哉 (池田工業), 小寺健史 (極東メタリコン): ブラスト研削材が鋼素地の表面性状と研削材残留に及ぼす影響, 材料と環境2019, 2019.5.
Shusen ZHUANG, Shigenobu KAINUMA, Muye YANG: Electrochemical Properties of Cathodic Protection System for Steel Members Using Al-Zn Base Sacrificial Anode, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
Yang GAO, Shigenobu KAINUMA, Muye YANG: Mechanical Properties of Hot-dip Al and Al-45Zn Galvanized Steel Plates, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
樋口亮, 貝沼重信, 長谷川昂志: 滞水環境における4つの塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
孫暁, 貝沼重信, 楊沐野: 地際腐食センサの露出部と浸漬部の面積比が気液界面近傍のマクロセル腐食に及ぼす影響, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
劉少博, 貝沼重信, 杜錦軒, 武藤和好, 宮田弘和: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の突合せ部の耐食性に関する基礎的研究, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
宮﨑泰樹, 貝沼重信: 大気環境における普通鋼板と耐候性鋼板の腐食表面性状の空間統計シミュレーション, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
飯尾翔磨, 貝沼重信, 山下和也, 竹田智紀, 石原修二, 井上大地, 兼子彬, 山内孝郎: 大気腐食環境の相違が鋼材の犠牲陽極防食の効果に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
キムアラン, 貝沼重信, 池田龍哉, 小寺健史: ブラスト研削材の使用繰返し回数が鋼素地の表面性状に及ぼす影響, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
長谷川昂志, 貝沼重信, 樋口亮, 佐島隆生: 乾湿繰り返し環境における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
杜錦軒, 貝沼重信, 劉少博, 楊沐野, 武藤和好, 宮田弘和: 寒冷, 飛来海塩環境におけるAl-5%Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食, 防食性に関する基礎的研究, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
竹田智紀, 貝沼重信, 山下和也, 石原修二, 兼子彬, 井上大地, 山内孝郎: 大気犠牲陽極防食で使用した繊維シートの吸湿性が防食電流に及ぼす影響評価, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二井, 上大地, 橋本幹雄: 溶融アルミニウムめっきのコンクリートとの接触部における腐食挙動に関する基礎的検討, 平成30年度土木学会西部支部研究発表会, 2019.3.
2018
キムアラン, 貝沼重信, 金子岳史: ブラスト素地調整が鋼材の表面性状と電気化学特性に及ぼす影響評価, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二 : Al-3%Zn合金板と繊維を用いた鋼部材閉塞部の犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
杜錦軒, 貝沼重信, 武藤和好: クロスカットを有するAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性に関する研究, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
劉少博, 貝沼重信, 杜錦軒: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食性に関する基礎的研究, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
八木孝介, 貝沼重信, 山下和也 : アルカリ性水溶液中における溶融アルミニウムめっきの腐食挙動に関する電気化学的検討, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
竹田智紀, 貝沼重信, 八木孝介: 付着海塩の雨洗環境における無塗装耐候性鋼材の孔食性に関する基礎的検討, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
長谷川昂志, 貝沼重信, 増本岳: 滞水環境下における複数の塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成30年度全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.8.
長谷川昂志, 貝沼重信, 増本岳, 佐島隆生: 滞水環境下における複数塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 材料と環境2018, 2018.5.
キムアラン, 貝沼重信, 金子岳史, 池田龍哉, 小寺建史: ブラストの投射角度が鋼素地表面の研削材残留と腐食特性に及ぼす影響, 材料と環境2018, 2018.5.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 井上大地, 兼子彬, 山内孝郎: 重度に腐食した無塗装耐候性鋼橋に対する Al-Zn 合金材と繊維シートによる犠牲陽極防食技術の適用性, 材料と環境2018, 2018.5.
キムアラン, 貝沼重信, 金子岳史, 池田龍哉, 小寺建史: ブラスト処理した鋼素地表面の研削材残留と腐食特性に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: 重度に腐食した耐候性鋼橋に対するAl-3%Zn陽極材と繊維シートによる犠牲陽極防食技術の適用性, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
水上雄介, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金鋳造板と繊維を用いた後部材閉塞部の犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
増本岳, 貝沼重信, 長谷川昂志, 佐島隆生: 滞水環境における複数塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
谷川慶太, 貝沼重信, 坂本達朗, 石原修二, 井口進: 溶接継手部の塗膜劣化・腐食特性に及ぼす影響因子の評価, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
竹田智紀, 貝沼重信, 八木孝介: 付着海塩の雨洗環境における無塗装耐候性鋼材の孔食性に関する基礎的検討, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
長谷川昂志, 貝沼重信, 増本岳, 佐島隆生: 水膜の乾燥過程の環境における近接塗膜傷間の鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
杜錦軒, 貝沼重信, 武藤和好, 富田弘和: クロスカットを有するAl-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性に関する研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
八木孝介, 貝沼重信, 山下和也, 石原修二, 内田大介, 橋本幹: アルカリ性水溶液中における溶融アルミニウムめっきの腐食挙動に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
劉少博, 貝沼重信, 杜錦軒, 武藤和好, 富田弘和: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食性に関する基礎的研究, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.3.
2017
谷川慶太, 貝沼重信, 井口進, 坂本達朗, 石原修二: 溶接継手部の塗膜劣化・腐食特性に及ぼす影響因子の評価, 第5回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2017.12.
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ: 鋼構造物の部位レベルの腐食性評価手法に関する基礎的検討, 第5回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2017.12.
キムアラン, 貝沼重信, 渡邉亮太, 池田龍哉, 小寺建史: ブラスト処理条件が鋼素地の表面性状と研削材残留度に及ぼす影響, 鋼構造シンポジウム2017 第25回鋼構造年次論文発表会, 2017.11.
谷川慶太, 貝沼重信, 井口進, 坂本達朗, 石原修二: 溶接継手部の塗膜劣化・腐食特性に及ぼす影響因子の評価, 鋼構造シンポジウム2017 第25回鋼構造年次論文発表会, 2017.11.
八木孝介, 貝沼重信, 加藤禎洋, 石田直己: 河川鋼製水門の各構造部位における腐食性評価, 鋼構造シンポジウム2017 第25回鋼構造年次論文発表会, 2017.11.
貝沼重信, 杜錦軒, 武藤和好, 楊沐野, 宮田弘和: A1-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食性向上法に関する基礎的研究, 鋼構造シンポジウム2017 第25回鋼構造年次論文発表会, 2017.11.
百田寛之, 貝沼重信, 田畑晶子, 井口進, 塚本成昭: フィンガープレートと排水樋の異種金属間腐食とその防食方法に関する電気化学的基礎検討, 鋼構造シンポジウム2017 第25回鋼構造年次論文発表会, 2017.11.
百田寛之, 貝沼重信, 塚本成昭, 田畑晶子, 井口進: 橋梁フィンガージョイントとステンレス鋼製排水樋の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ, 加藤禎洋, 石田直己: 河川鋼製水門の部位レベルの腐食性評価と腐食環境モニタリング, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
キムアラン, 貝沼重信, 渡邉亮太, 谷川慶太, 池田龍哉, 小寺建史: 素地調整におけるブラスト施工条件が表面性状に及ぼす影響評価, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金と繊維を用いた鋼部材閉塞部における犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
増本岳, 貝沼重信, 佐島隆生: 近接した塗膜傷間における鋼材の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
谷川慶太, 貝沼重信, 渡邉亮太, キムアラン, 福永靖雄, 本郷豊彦: レーザー処理が鋼素地の表面性状に及ぼす影響に関する基礎的検討, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
渡邉亮太, 貝沼重信, キムアラン, 谷川慶太, 池田龍哉, 小寺健史: ブラスト素地調整の施工条件が静摩擦係数に及ぼす影響に関する基礎的検討, 平成29年度全国大会 第72回年次学術講演会, 2017.9.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金材と繊維シートを用いた鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する研究, 第37回防錆防食技術発表大会, 2017.7.
八木孝介, 貝沼重信, 劉少博, 橋本幹雄, 宇都章彦: 融アルミニウムめっき桟橋の耐食・防食性能に関する基礎的研究, 第37回防錆防食技術発表大会, 2017.7.
山下和也, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金と繊維を用いた鋼部材閉塞部における犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 材料と環境2017, 2017.5.
増本岳, 貝沼重信, 佐島隆生: 近接する塗膜傷間における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 材料と環境2017, 2017.5.
谷川慶太, 貝沼重信, 渡邉亮太, キムアラン, 福永靖雄, 本郷豊彦: レーザー素地調整が鋼材の表面性状に及ぼす影響, 材料と環境2017, 2017.5.
M.Yang, S.Kainuma, T.Tomoda, K.Minami: Study on Anti-corrosive Method with Sacrificial Anode for Embedded Steel Members in Concrete using Water Swelling Rubber, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ, 加藤禎洋, 石田直己: 汽水域における河川鋼製水門の各構造部位の腐食性評価, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
平尾みなみ, 貝沼重信, 八木孝介, 谷川慶太, 押川渡: 着海塩の雨洗に着目した亜熱帯島嶼地域における裸普通鋼板の腐食挙動に関する基礎的検討, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
増本岳, 貝沼重信, 佐島隆生: 近接する塗膜傷間における鋼材の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
藤本拓史, 貝沼重信, 石原修二, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn陽極材と繊維シートを用いた大気犠牲陽極防食技術の鋼構造物への適用性に関する検討, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
山縣芙美, 貝沼重信, 藤本拓史: 鋼部材地際部を対象とした腐食速度評価センサの実用性に関する基礎的研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
百田寛之, 貝沼重信, 塚本成昭, 田畑晶子, 井口進: 橋梁フィンガージョイントとステンレス鋼製排水樋のガルバニック腐食特性に関する研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
劉少博, 貝沼重信, 八木孝介, 平尾みなみ, 橋本幹雄, 宇都章彦: 臨海油槽所の桟橋に採用されたアルミニウムめっきの耐食・防食性能に関する検討, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
山下和也, 貝沼重信, 藤本拓史, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金と繊維を用いた鋼部材閉塞断面内の犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
杜錦軒, 貝沼重信, 藤本拓史, 八木孝介, 武藤和好, 宮田弘和: 寒冷・飛来海塩環境におけるAl-5%Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食性能に関する基礎的研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
渡邉亮太, 貝沼重信, キムアラン, 谷川慶太, 池田龍哉, 小寺建史: ブラスト素地調整の施工条件が静摩擦係数に及ぼす影響評価, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
キムアラン, 貝沼重信, 渡邉亮太, 谷川慶太, 池田龍哉, 小寺建史: ブラスト素地調整の施工条件が鋼材の表面性状に及ぼす影響評価, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
谷川慶太, 貝沼重信, 渡邉亮太, キムアラン, 福永靖雄, 本郷豊彦: レーザ処理が鋼素地調整の表面性状に及ぼす影響評価, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会, 2017.3.
2016
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ: Fe/Ag 対 ACM 型腐食センサを用いた鋼材表面の腐食環境モニタリングに関する基礎的研究, 第63回材料と環境討論会, 2016.10.
杜錦軒, 貝沼重信, 小林淳二, 藤本拓史, 武藤和好: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の耐食・防食特性に関する基礎的研究, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
百田寛之, 貝沼重信, 鄭暎樹, 田畑晶子, 塚本成昭: 都市内高架橋で撤去されたフィンガージョイントの腐食表面性状に関する基礎的研究, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ: 鋼材の熱容量がFe/Ag対ACM型腐食センサの出力に及ぼす影響評価, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
平尾みなみ, 貝沼重信, 八木孝介: 寒冷地の海水飛沫環境における裸普通鋼板の腐食挙動に関する基礎的検討, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
渡邉亮太, 貝沼重信, 平尾みなみ: 超音波噴霧器を用いた定量塩付着手法および塩付着性状に関する検討, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
藤本拓史, 貝沼重信, 増本岳: 塗膜傷近傍における塗膜下の鋼材の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
増本岳, 貝沼重信, 小林淳二, 藤本拓史, 坂本達郎: 近接した塗膜傷間における鋼材腐食の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会, 2016.9.
藤本拓史, 貝沼重信, 郭小竜, 武藤和好, 宮田弘和: Al-5Mg合金溶射と重防食塗装の皮膜重ね部の耐食・防食特性に関する基礎的研究, 材料と環境2016, 2016.5.
平尾みなみ, 貝沼重信, 塚本成昭, 吉田貴保: 漏水・滞水が鋼I桁橋桁端部の腐食挙動に及ぼす影響, 材料と環境2016, 2016.5.
土橋洋平, 貝沼重信, 藤本拓史, 石原修二: 鋼部材地際部におけるマクロセル腐食速度評価センサの開発に関する研究, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
小林淳二, 貝沼重信, 増本岳, 坂本達朗: 塗膜傷の複合性とその電気化学機構を考慮した鋼部材腐食挙動の空間統計数値シミュレーション, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
増本岳, 貝沼重信, 小林淳二: 近接した塗膜傷間の電気化学機構に関する基礎的研究, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
藤本拓史, 貝沼重信, 小林淳二: 塗膜欠陥近傍における塗膜下電気化学機構に関する基礎的研究, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
渡邉亮太, 貝沼重信, 平尾みなみ: Al/Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の防食特性に関する基礎的研究, 超音波噴霧器を用いた定量塩付着手法に関する検討, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
郭小竜, 貝沼重信, 小林淳二, 藤本拓史, 武藤和好, 宮田弘和: Al/Mg合金溶射と重防食塗装の重ね部の防食特性に関する基礎的研究, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
広瀬勝也, 貝沼重信, 藤本拓史, 宮田弘和: Al-Mg合金溶射/Znめっき・溶射のガルバニック腐食特性に関する基礎的研究, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
八木孝介, 貝沼重信, 平尾みなみ: 熱容量が裸普通鋼板におけるミクロ腐食環境に及ぼす影響評価, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
平尾みなみ, 貝沼重信, 八木孝介: 寒冷・飛来海塩環境における裸普通鋼板の腐食挙動に関する基礎的検討, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
道野正嗣, 貝沼重信, 平尾みなみ, 八木孝介: 無塗装耐候性鋼材の腐食生成物層と鋼素地における表面性状の相関性, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
M.Yang, S.Kainuma, Y.S.Jeong, S.Inokuchi, A.Kawabata, D.Uchida: Structural responses of orthotropic steel deck with through-deck fatigue crack, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会, 2016.3.
2015
土橋洋平, 貝沼重信, 石原修二: 鋼部材の地際部における腐食速度評価センサの開発, 第3回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2015.12.
道野正嗣, 貝沼重信, 橋本幹雄: 37年間海洋環境暴露した溶融アルミニウムめっき鋼管の耐食特性, 第3回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム, 2015.12.
渡邉亮太, 貝沼重信, 鄭暎樹, 塚本成昭: 化学的素地調整が鋼材の表面性状に及ぼす影響に関する研究, 鋼構造シンポジウム2015 第23回鋼構造年次論文発表会, 2015.11.
郭小竜, 貝沼重信, 小林淳二, 篠原正: 大気暴露試験の開始時期が裸鋼板の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
Y.S. JEONG, Shigenobu Kainuma: Spatial Statistical Simulation for Time-Dependent Corrosion Surfaces of Uncoated Steel Plates under Atmospheric Corrosion Environments, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
坂本達朗, 貝沼重信: 塩の影響を受けた腐食炭素鋼のさび性状に関する検討, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
小林淳二, 貝沼重信, 坂本達朗: 近接した複数の塗膜欠陥を有する普通鋼板の腐食挙動に関する電気化学的検討, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
土橋洋平, 貝沼重信, 石原修二: 鋼部材の地際部における腐食速度評価センサの開発に関する研究, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
道野正嗣, 貝沼重信, 板井麻理子, 仲健一: ダム建設前後における鋼上路トラス橋の各構造部位の腐食性評価, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
平尾みなみ, 貝沼重信, 道野正嗣, 今村壮宏: 鋼道路橋の各部位に設置した裸鋼板の腐食生成物層の厚さと平均腐食深さの相関評価, 第62回材料と環境討論会, 2015.11.
M.Yang, S.Kainuma, Y.S.Joeng, S.Inokuchi, A.Kawabata, D.Uchida: Analytical investigation for Fatigue Cracking from Weld Roots between Deck Plate and U-rib in Orthotropic Steel Decks, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
土橋洋平, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金鋳造材と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する研究, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
郭小竜, 貝沼重信, 小林淳二, 篠原正: 大気暴露試験の開始時期が裸鋼板の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
小林淳二, 貝沼重信: 大気環境とJISサイクルD腐食促進試験における裸普通鋼材の腐食特性の相関性と腐食促進倍率に関する基礎的研究, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
道野正嗣, 貝沼重信, 板井麻理子: ダム建設により大気マクロ環境が変化した鋼上路トラス橋の部位レベルの腐食性評価, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
平尾みなみ, 貝沼重信, 道野正嗣, 香川紳一郎, 小川重之: 鋼橋に設置したモニタリング鋼板の腐食生成物層の厚さと平均腐食深さの相関評価, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
渡邉亮太, 貝沼重信, 塚本成昭: 化学的素地調整が鋼材の表面性状に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
藤本拓史, 貝沼重信, 石原修二, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金鋳造材と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食に関する基礎的研究, 平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会, 2015.9.
藤本拓史, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金鋳造材と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食に関する基礎的研究, 材料と環境2015, 2015.5.
渡邉亮太, 貝沼重信, 塚本成昭: 化学的素地調整が鋼材の表面性状に及ぼす影響と除錆効果に関する基礎的研究, 材料と環境2015, 2015.5.
小林淳二, 貝沼重信: 大気環境とJISサイクルD腐食促進試験における裸普通鋼材の腐食挙動の相関性と腐食促進倍率に関する基礎的研究, 材料と環境2015, 2015.5.
坂本達朗, 鈴木実, 貝沼重信: 屋外暴露した塗装さび鋼板の腐食挙動調査, 材料と環境2015, 2015.5.
今村壮宏, 姫野岳彦, 松田哲夫, 岩崎雅紀, 永田淳, 貝沼重信: 非合成補剛トラス吊橋における床組支承回りの疲労損傷対策, 平成26年度 第61回構造工学シンポジウム, 2015.4.
楊沐野, 貝沼重信, 鄭暎樹, 井口進, 川畑篤敬, 内田大介: Analytical investigation for Fatigue Cracking from Weld Roots between Deck Plate and U-rib in Orthotropic Steel Decks, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
指宿幸平, 貝沼重信, 鄭暎樹, 塚本成昭: 腐食損傷がバルブリブ鋼床版のデッキプレートの疲労耐久性に及ぼす影響評価, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
平尾みなみ, 貝沼重信, 道野正嗣, 今村壮宏, 小川重之: 鋼道路橋に貼付したモニタリング鋼板の腐食生成物層の厚さと平均腐食深さの関係, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
郭小竜, 貝沼重信, 小林淳二, 篠原正: 大気暴露試験の開始時期が裸鋼板の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
小林淳二, 貝沼重信: 実環境に対する腐食促進試験の相関性・促進倍率に関する基礎的研究, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
土橋洋平, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn合金鋳造材と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食に関する基礎的研究, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
道野正嗣, 貝沼重信, 板井麻里子: 飛来海塩環境下の鋼上路トラス橋のダム建設前後における各構造部位の腐食性評価, 平成26年度土木学会西部支部研究発表会, 2015.3.
2014
坂本達朗, 貝沼重信, 小林淳二: 塗装した腐食炭素鋼のさび性状と塗膜耐久性の関係に関する基礎検討, 第61回材料と環境討論会, 2014.11.
小川重之, 香川紳一郎, 片山英資, 貝沼重信: 暴露鋼板の腐食生成物層厚を用いた鋼道路橋の部位レベルの腐食性評価, 第61回材料と環境討論会, 2014.11.
小林淳二, 貝沼重信, 鄭暎樹: 線・帯状塗膜欠陥を有する鋼部材の腐食挙動の空間統計シミュレーション, 第61回材料と環境討論会, 2014.11.
土橋洋平, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: Al-Zn 合金鋳造材と繊維シートを用いた腐食鋼部材の大気犠牲陽極防食効果に関する基礎的研究, 第61回材料と環境討論会, 2014.11.
道野正嗣, 貝沼重信, 藤岡靖, 藁科彰, 高木真一郎, 内野雅彦: 高腐食性環境における無塗装耐候性鋼上路トラス橋の各構造部位の腐食性評価, 第61回材料と環境討論会, 2014.11.
土橋洋平, 貝沼重信, 木下優, 石原修二: 鋼部材の地際部におけるマクロセル腐食速度評価センサの開発に関する基礎的研究, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
入部孝夫, 細見直史, 貝沼重信, 永野徹, 山田隆明: 地際腐食損傷の非接触・自動非破壊検査による平均腐食深さの推定(その2)-推定損傷深さの限界値と平均腐食深さの精度-, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
細見直史, 貝沼重信, 入部孝夫, 永野徹, 山田隆明: 地際腐食損傷の非接触・自動非破壊検査による平均腐食深さの推定(その1)-5点平均によるスムージング処理-, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
藤井基史, 貝沼重信: ブラスト処理の施工条件が鋼材の表面粗さに及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
元井邦彦, 大城壮司, 松井隆行, 藤川圭介, 貝沼重信: Al-Mg合金溶射された部材のAl-Mg溶射ボルトによる継手の疲労耐久性に関する実験的検討, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
道野正嗣, 貝沼重信, 藤岡靖, 藁科彰, 高木真一郎: 高腐食性環境下の無塗装耐候性鋼トラス橋における腐食損傷の要因推定(その4)-構造部位レベルの腐食性評価-, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
藁科彰, 藤岡靖, 高木真一郎, 貝沼重信, 岡本哲: "高腐食性環境下の無塗装耐候性鋼トラス橋における腐食損傷の要因推定(その3) -構造部位のミクロ腐食環境調査-", 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
貝沼重信, 道野正嗣, 藤岡靖, 藁科彰, 高木真一郎: 高腐食性環境下の無塗装耐候性鋼トラス橋における腐食損傷の要因推定(その2)―大気マクロ腐食環境調査―, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
鄭暎樹, 貝沼重信, 内田大介, 八木伸曉: Numerical analysis for fatigue crack penetration of gusset welded jointusing FRANC3D, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
山内誉史, 井口進, 貝沼重信, 川畑篤敬: 鋼床版デッキプレートにある架設用吊金具残し部の疲労試験, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
片山英資, 青野守, 貝沼重信, 江副賢一, 細見直史: 鋼製橋脚梁のボルト継手部におけるすきま腐食に関する検討, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
林秀幸, 貝沼重信, 小林淳二, 合田広樹, 坂本達朗: 塗膜欠陥の近接度が鋼材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
小林淳二, 貝沼重信, 林秀幸, 鄭暎樹: 塗装鋼部材の線・帯状塗膜欠陥から進行する腐食挙動の数値シミュレーション, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
合田広樹, 貝沼重信, 坂本達郎: 飛来海塩環境で100年供用された鉄道橋における塗膜膨れと腐食深さの相関性, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
兼子彬, 貝沼重信, 石原修二, 山内孝郎: "腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究-犠牲陽極材の組成が陽極材消耗量と消耗形態に及ぼす影響-", 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
石原修二, 貝沼重信, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: 多孔質Al-Zn焼結板と保水性繊維シートを用いた高耐久性大気腐食環境センサに関する研究, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
小川重之, 香川紳一郎, 片山英資, 貝沼重信: 腐食生成物層の厚さを用いた腐食性評価手法の都市内高速道路橋への適用, 平成26年度全国大会 第69回年次学術講演会, 2014.9.
道野正嗣, 貝沼重信, 今村壮宏, 香川紳一郎, 小川重之: 吊橋の腐食環境モニタリングと構造部位の腐食性評価, 第34回防錆防食技術発表大会, 2014.7.
土橋洋平, 貝沼重信, 木下優, 石原修二: 鋼部材地際部におけるマクロセル腐食の速度評価センサの開発に関する基礎的研究, 第34回防錆防食技術発表大会, 2014.7.
小林淳二, 貝沼重信, 合田広樹: 塗膜欠陥の寸法・近接度が鋼材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 第34回防錆防食技術発表大会, 2014.7.
小林淳二, 坂本達朗, 貝沼重信, 合田広樹: 塗膜欠陥の近接度が鋼材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成25年度土木学会西部支部研究発表会, 2014.3.
林秀幸, 貝沼重信, 小林淳二: 塗装鋼部材の線・帯状塗膜欠陥から進行する腐食挙動の数値シミュレーション, 平成25年度土木学会西部支部研究発表会, 2014.3.
木下優, 貝沼重信, 石原修二, 土橋洋平: 鋼部材地際のマクロセル腐食に対する環境評価センサの出力特性, 平成25年度土木学会西部支部研究発表会, 2014.3.
2013
細見直史, 貝沼重信, 山田隆明: 道路構造物の地際腐食損傷における鋼部材の非破壊検査と劣化予測, 第30回日本道路会議, 2013.10.
香川紳一郎, 小川重之, 貝沼重信: 都市内高速道路橋への腐食環境評価技術の適用と評価について, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
兼子彬, 貝沼重信, 石原修二, 山内孝郎: "腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究-犠牲陽極材の仕様と吸水経路が陽極材消耗量と電流効率に及ぼす影響-", 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
鄭暎樹, 貝沼重信: Fundamental study on stress concentration factors on atmospheric corroded steel plate, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
指宿幸平, 貝沼重信, 鄭暎樹: 腐食した鋼床版デッキプレートの応力集中に関する解析的検討, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
木下優, 貝沼重信, 山上哲示, 塚本成昭: コンクリート系材料が鋼部材の地際腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
貝沼重信, 今村壮宏, 花本龍義, 香川紳一郎, 小川重之: 吊橋の腐食環境モニタリングと構造部位のミクロ腐食環境の総合的定量評価, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
入部孝夫, 細見直史, 貝沼重信, 山田隆明, 片山英資: 鋼部材のコンクリート地際における残存板厚の評価・予測(その2)-鋼製橋脚基部の腐食損傷調査と残存板厚の簡易評価と予測-, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
細見直史, 入部孝夫, 貝沼重信, 山田隆明, 片山英資: 鋼部材のコンクリート地際における残存板厚の評価・予測(その1)-地際腐食部の平均腐食深さに基づく残存板厚の推定手法-, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
松尾和哉, 貝沼重信, 木下優, 石原修二: 鋼部材地際部に対するマクロセル腐食環境センサに関する基礎的研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 林秀幸: 円形塗膜欠陥を起点とする鋼部材の腐食挙動の予測手法に関する基礎的研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
石原修二, 貝沼重信, 内田大介, 木下優, 兼子彬: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
塚本成昭, 山上哲示, 貝沼重信, 木下優: 腐食鋼部材に対する化学的素地調整の適用性に関する基礎的研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
林秀幸, 貝沼重信, 山本悠哉, 押川渡: 腐食生成物が電磁誘導式膜厚計の測定精度に及ぼす影響, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
坂本達朗, 太田達哉, 貝沼重信: 腐食した塗装鋼材のさび厚と腐食深さの相関定量評価に関する基礎研究, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
安鎭熙, 貝沼重信, 鄭暎樹: Investigation of the shear buckling strength of the web panel with local corrosion, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
五十嵐隆之, 河内山修, 今村壮宏, 貝沼重信, 松田哲夫: BP-B支承の回転耐久試験による回転性能の検討, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
姫野岳彦, 姫野岳彦, 今村壮宏, 姫野岳彦, 貝沼重信: BP支承のすべり性能耐久性に関する実験的検討, 平成25年度全国大会 第68回年次学術l講演会, 2013.9.
坂本達朗, 太田達哉, 貝沼重信: 塗装試験鋼板を用いた実構造物の局所環境評価に関する基礎的検討, 第33回防錆防食技術発表大会, 2013.7.
坂本達朗, 太田達哉, 貝沼重信: 塗装試験鋼板を用いた実構造物の局所環境評価に関する基礎的検討, 第33回防錆防食技術発表大会, 2013.7.
鄭暎樹, 貝沼重信, 指宿幸平: 腐食損傷を有する鋼床版デッキプレートの応力集中に関する解析的検討, 材料と環境2013, 2013.5.
鄭暎樹, 貝沼重信, 指宿幸平: 腐食損傷を有する鋼床版デッキプレートの応力集中に関する解析的検討, 材料と環境2013, 2013.5.
2012
平井大雅, 貝沼重信, 川畑篤敬, 平山繁幸: 鋼床版デッキプレートとUリブの溶接ルート部近傍の応力性状に対する 架設用吊り金具残し部の影響, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
石原修二, 貝沼重信, 内田大介, 兼子彬, 山内孝郎: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究 -犠牲陽極の設置方法が防食性能に及ぼす影響-, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
宇都宮一浩, 貝沼重信: 線・帯状の塗膜欠陥を起点とする鋼部材の経時腐食挙動に関する基礎的研究, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
山本悠哉, 貝沼重信, 宇都宮一浩, 伊藤義浩: 腐食生成物の層厚を用いた無塗装耐候性鋼部材の経時腐食深さの評価手法に関する研究, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
貝沼重信, 山本悠哉, 伊藤義浩, 押川渡: Fe/Ag対ACM型腐食センサを用いた無塗装耐候性鋼板の経時腐食深さの評価手法, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
松尾和哉, 貝沼重信, 石原修二: 鋼部材の地際部におけるマクロセル腐食環境センサの開発に関する基礎的研究, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
佐藤元紀, 香川紳一郎, 小川重之, 貝沼重信: 鋼I橋主桁端部の腐食環境評価に関する基礎的検討, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
林秀幸, 貝沼重信, 山本悠哉, 今村壮宏: 飛来海塩環境における上路トラス橋の部位レベルの腐食環境評価に関する研究, 平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会, 2012.9.
今村壮宏, 松田哲夫, 岩崎雅紀, 貝沼重信: 関門橋の補修におけるFEM 解析の適用事例, 第15 回 鋼構造と橋に関するシンポジウム, 2012.8.
Y.S.Jeong, J. H. Ahn, S. Kainuma: Stress concentration factors on the corroded steel plate under atmospheric environments, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
Kato Yusuke, J. H. Ahn, Y .S. Jeong, S. Kainuma, T. Matsuda: Structural behaviors of suspension bridge members according to bearing condition rehabilitation method, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
山本悠哉, 貝沼重信: 雨がかり環境における無塗装耐候性鋼部材の腐食生成物厚さを用いた平均腐食深さの評価・予測手法, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
平井大雅, 貝沼重信, 山内誉史, 内田大介, 井口進, 平山繁幸, 川畑篤敬: 鋼床版橋梁の架設用吊金具の残し部が疲労損傷に及ぼす影響に関する解析的検討, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
杜金威, 貝沼重信, 内田大介: 面外ガセット溶接継手の3次元疲労き裂進展挙動に関する解析的検討, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
宇都宮一浩, 貝沼重信: 線・帯状の塗膜欠陥から進行する鋼部材の経時腐食挙動に関する基礎的研究, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
林秀幸, 貝沼重信, 山本悠哉, 今村壮宏: 飛来海塩環境下における上路トラス橋の構造部材のミクロ腐食環境評価に関する研究, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
松尾和哉, 貝沼重信, 石原修二: 鋼部材の地際部におけるマクロセル腐食環境センサの開発に関する基礎的研究, 平成23年度土木学会西部支部研究発表会, 2012.3.
2011
松尾和哉, 貝沼重信, 石原修二: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(その4)―腐食生成物が犠牲陽極作用に及ぼす影響―, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
山内孝郎, 住谷龍明, 貝沼重信: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(その3)―繊維シートの特性が犠牲陽極作用に及ぼす影響―, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
兼子彬, 貝沼重信, 石原修二: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(その2)―多孔質焼結板の配合が犠牲陽極作用に及ぼす影響―, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
石原修二, 貝沼重信, 兼子彬: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(その1)―多孔質焼結板の気孔率が大気犠牲陽極作用に及ぼす影響―, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 伊藤義浩: 鋼構造物の塗膜欠陥から進行する腐食の経時特性に関する研究, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
伊藤義浩, 貝沼重信, 押川渡: Zn/Ag対のACM型腐食センサを用いた鋼部材の大気腐食環境評価に関する研究, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
細見直史, 貝沼重信, 加藤祐介: 腐食損傷を有する鋼床版デッキプレートの応力集中に関する解析的検討, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
鄭暎樹, 貝沼重信: Spatial Statistical Simulation for Time-dependent Corrosion Surfaces of Uncoated Steel Plates in Atmospheric Corrosion Environments, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
加藤祐介, 貝沼重信, 山上哲示: 腐食損傷を有する鋼部材に対するセラミック系材料の引張付着強度に関する基礎的研究, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
山本悠哉, 貝沼重信, 伊藤義浩: 腐食生成物厚を用いた無塗装耐候性鋼部材の腐食深さの評価・予測手法, 平成23年度全国大会 第66回年次学術講演会, 2011.9.
石原修二, 貝沼重信, 兼子彬, 山内孝郎: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(多孔質焼結板の配合・気孔率が鋼板の大気犠牲陽極作用に及ぼす影響), 材料と環境 2011, 2011.5.
松尾和哉, 貝沼重信, 石原修二, 兼子彬, 山内孝郎: 腐食した鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究(腐食生成物が鋼板の大気犠牲陽極作用に及ぼす影響), 材料と環境 2011, 2011.5.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 伊藤義浩: 鋼部材の塗膜欠陥から発生する腐食の経時挙動に関する基礎的研究, 材料と環境 2011, 2011.5.
山本悠哉, 貝沼重信, 宇都宮一浩, 伊藤義浩: 腐食生成物厚を用いた無塗装耐候性鋼部材の経時腐食深さの評価, 材料と環境 2011, 2011.5.
加藤祐介, 貝沼重信, 山上哲示, 塚本成昭: 腐食損傷を有する鋼部材に対するセラミックモルタル材料の付着強度試験, 材料と環境 2011, 2011.5.
伊藤義浩, 山下岳史, 貝沼重信: 副生ガス配管内部の腐食環境評価のためのACM型腐食センサの適用性, 材料と環境 2011, 2011.4.
Youngsoo Jeong, 貝沼重信: Spatial Statistical Simulation for Time-dependence of Corrosion Surfaces of Uncoated Carbon Steel Plate in Atmospheric Corrosion Environments, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 末崎将司: 水洗浄が海塩飛来環境における無塗装耐候性鋼部材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
城大樹, 貝沼重信, 細見直史: 鋼床版のデッキプレートの腐食損傷が応力集中に及ぼす影響に関する解析的検討, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
杜金威, 貝沼重信, 内田大介: 面外ガセット溶接継手の3次元疲労き裂進展挙動に関する解析的検討, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
松尾和哉, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介, 兼子彬: 腐食損傷を有する鋼部材の大気犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
山本悠哉, 貝沼重信, 向川優貴, 伊藤義浩: 腐食生成物厚を用いた無塗装耐候性鋼部材の腐食深さの評価・予測手法に関する基礎的研究, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
加藤祐介, 貝沼重信, 山上哲示, 塚本成昭: 腐食した鋼部材に対するセラミック材料の付着強度に関する基礎的研究, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
向川優貴, 貝沼重信, 宇都宮一浩: 塗膜欠陥から発生・進行する鋼部材の経時腐食挙動に関する基礎的研究, 平成22年度土木学会西部支部研究発表会, 2011.3.
2010
宇都宮一浩, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介: 大気腐食環境における鋼部材の犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成22年度全国大会 第65回年次学術講演会, 2010.9.
向川優貴, 貝沼重信: 塗装鋼材の腐食表面性状の空間統計数値シミュレーションに関する基礎的研究, 平成22年度全国大会 第65回年次学術講演会, 2010.9.
伊藤義浩, 貝沼重信, 杜金威, 山本悠哉: 腐食生成物厚さを用いた腐食環境評価に関する基礎的研究, 平成22年度全国大会 第65回年次学術講演会, 2010.9.
細見直史, 貝沼重信, 向川優貴: 大気腐食環境における普通鋼板の腐食表面性状の予測手法に関する基礎的研究, 平成22年度全国大会 第65回年次学術講演会, 2010.9.
貝沼重信: 損傷の経時性と致命的損傷に着目した維持管理, 橋梁維持管理シンポジウム, 2010.5.
細見直史, 貝沼重信: コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の応力集中係数の評価・予測手法, 材料と環境 2010, 2010.5.
向川優貴, 貝沼重信, 杉谷国博, ヴゥダットヴァン: 大気腐食環境における普通鋼板の経時腐食表面性状の評価に関する基礎的研究, 材料と環境 2010, 2010.5.
伊藤義浩, 山下岳史, 菊池直樹, 貝沼重信, 杉谷国博: 炭酸ガス環境におけるACM型腐食センサの適用性, 材料と環境 2010, 2010.5.
杉谷国博, 貝沼重信, 向川優貴, 杜金威, 伊藤義浩: ACM型腐食センサを用いた普通鋼板の経時腐食挙動の評価・予測手法, 材料と環境 2010, 2010.5.
大本透, 日野伸一, 貝沼重信, 山口浩平, 小林憲治: GFRP・鋼接合部の耐荷メカニズムに関する解析的検討, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
向川優貴, 貝沼重信, ヴゥ ダット ヴァン: 塗膜劣化に伴う鋼部材の腐食表面性状の空間統計数値シミュレーションに関する基礎的研究, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
城大樹, 貝沼重信, 内田大介, 井口進, 川畑篤敬: ひずみ取りプレス成形が鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接止端部における残留応力に及ぼす影響, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
宇都宮一浩, 貝沼重信, 石原修二, 内田大介: 大気環境における鋼部材の犠牲陽極防食技術に関する基礎的研究, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
杉谷国博, 貝沼重信, 向川優貴, 伊藤義浩: Zn/Ag対ACM型腐食センサを用いた大気腐食環境の評価手法に関する研究, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
Vu Dat Van, 貝沼重信, 細見直史: 鋼構造部材の経時腐食挙動に対する空間統計数値シミュレーション, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
杜金威, 貝沼重信, 杉谷国博, 向川優貴, 友田富雄: さび厚を用いた腐食環境の評価手法に関する 基礎的研究, 平成21年度土木学会西部支部研究発表会, 2010.3.
2009
井口進, 貝沼重信, 城大樹, 尾上聡史, 内田大介, 川畑篤敬: 鋼床版のデッキとUリブの溶接部における疲労挙動に関する実験的検討, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.10.
片山英資, 貝沼重信, 藤木修, 向川優貴: さび厚と腐食深さの相関関係に基づく腐食損傷の定量評価に関する基礎的研究, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.10.
杉谷国博, 貝沼重信, 香月大翔, 伊藤義浩: ACM型腐食センサを用いた無塗装普通鋼板の経時腐食挙動の評価・予測手法, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.10.
細見直史, 貝沼重信: 鋼構造部材の局部腐食孔の応力集中に対する工学モデルに関する基礎的研究, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.10.
向川優貴, 貝沼重信, 香月大翔, 杉谷国博: 腐食環境が鋼材の腐食表面性状に及ぼす影響に関する基礎的研究, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.10.
ヴゥ ダット ヴァン, 貝沼重信, 細見直史: 全面・局部腐食が混在する構造部材の腐食表面性状の空間統計数値シミュレーション, 土木学会第63回年次学術講演会講演概要集第1部, 2009.9.
大本透, 日野伸一, 貝沼重信, 山口浩平, 小林憲治: 高力ボルト摩擦接合を用いたGFRP・鋼接合部の解析的検討, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
片山英資, 貝沼重信, 藤木修, 向川優貴: さび厚と腐食深さの相関関係に基づく腐食損傷の定量評価に関する基礎的研究, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
井口進, 貝沼重信, 尾上聡史, 内田大介, 川畑篤敬: 鋼床版のデッキとUリブの溶接部における疲労挙動に関する実験的検討, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
細見直史, 貝沼重信: 鋼構造部材の局部腐食孔の応力集中に対する工学モデルに関する基礎的研究, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
ヴゥ ダットヴァン, ヴゥ ダットヴァン, 貝沼重信, 細見直史: 全面・局部腐食が混在する構造部材の腐食表面性状の空間統計数値シミュレーション, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
杉谷国博, 貝沼重信, 香月大翔, 伊藤義浩: ACM型腐食センサを用いた無塗装普通鋼板の経時腐食挙動の評価・予測手法, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
向川優貴, 貝沼重信, 香月大翔, 杉谷国博: 鋼材の腐食表面性状に及ぼす腐食環境の影響に関する基礎的研究, 平成21年度全国大会 第64回年次学術講演会, 2009.9.
杉谷国博, 貝沼重信, 香月大翔, 友田富男, 向川優貴: ACM型腐食センサを用いた鋼材の経時腐食挙動の評価・予測手法の提案, 平成20年度土木学会西部支部研究発表会, 2009.3.
香月大翔, 貝沼重信, 杉谷国博, 向川優貴, 友田富雄: 大気ミクロ環境が鋼構造部材の経時腐食挙動に及ぼす影響評価, 平成20年度土木学会西部支部研究発表会, 2009.3.
城大樹, 貝沼重信, 尾上聡史, 福永靖雄, 松井隆行: 床組支承コネクションプレート溶接部における疲労損傷の発生メカニズムと補修補強方法, 平成20年度土木学会西部支部研究発表会, 2009.3.
尾上聡史, 貝沼重信, 城大樹, 井口進, 内田大介: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接部における疲労挙動に関する研究, 平成20年度土木学会西部支部研究発表会, 2009.3.
大本透, 日野伸一, 貝沼重信, 山口浩平, 小林憲治: 高力ボルトを用いたGFRP・鋼接合部の軸力残存率および強度特性, 平成20年度土木学会西部支部研究発表会, 2009.3.
2008
尾上聡史, 貝沼重信, Vu DatVan, 井口進, 内田大介: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部における残留応力, 平成20年度全国大会 第63回年次学術講演会, 2008.9.
細見直史, 貝沼重信: コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の応力集中係数の評価・予測方法, 平成20年度全国大会 第63回年次学術講演会, 2008.9.
香月大翔, 貝沼重信, 後藤淳, 杉谷国博, 細見直史: 大気ミクロ環境が鋼構造部材の腐食挙動に及ぼす影響に関する基礎的研究, 平成20年度全国大会 第63回年次学術講演会, 2008.9.
2007
細見直史, 貝沼重信: コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の応力集中係数の評価・予測に関する研究, 平成19年度全国大会 第62回年次学術講演会, 2007.9.
後藤淳, 後藤淳, 貝沼重信, 細見直史, 伊藤義人: 海洋環境下における鋼部材の腐食深さの評価・予測に関する研究, 平成19年度全国大会 第62回年次学術講演会, 2007.9.
三浦健一, 貝沼重信, 尾上聡史, 川畑篤敬, 内田大介: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部における疲労き裂の発生要因と進展性状に関する研究, 平成19年度全国大会 第62回年次学術講演会, 2007.9.
尾上聡史, 貝沼重信, 三浦健一, 川畑篤敬, 内田大介: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部の疲労き裂に対する試験システムの構築, 平成19年度全国大会 第62回年次学術講演会, 2007.9.
後藤淳, 貝沼重信, 細見直史: 海洋暴露された鋼部材の腐食挙動の評価・予測に関する研究, 平成18年度土木学会西部支部研究発表会, 2007.3.
三浦健一, 貝沼重信, 尾上聡史, 井口進: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部における疲労き裂の発生要因と進展性状に関する研究, 平成18年度土木学会西部支部研究発表会, 2007.3.
尾上聡史, 貝沼重信, 三浦健一, 井口進: 鋼床版のデッキプレートとUリブの溶接ルート部の疲労き裂に対する試験システムの構築, 平成18年度土木学会西部支部研究発表会, 2007.3.
香月大翔, 貝沼重信, 高橋秀樹, 日野伸一: マイクロカプセルき裂検出材の基本性能評価と適用性, 平成18年度土木学会西部支部研究発表会, 2007.3.
小林憲治, 日野伸一, 貝沼重信, 山口浩平, 柴田博之: GFRP引抜き成形材の接合部耐力に関する実験的研究, 平成18年度土木学会西部支部研究発表会, 2007.3.
2006
貝沼重信, 後藤淳, 細見直史, 伊藤義人: 海洋暴露された鋼材の腐食表面性状の数値シミュレーション, 平成18年度全国大会 第61回年次学術講演会, 2006.9.
貝沼重信, 香月大翔, 後藤淳(九州大学), 高橋秀樹(スリーボンド): き裂検出材の性能評価と適用性, 安全工学シンポジウム 2006, 2006.7.
郭勝華, 日野伸一, 貝沼重信, 山口浩平, 友田富雄: 複合ラーメン橋脚隅角部の曲げ応力伝達に関する3次元FEM解析, 平成17年度土木学会西部支部研究発表会, 2006.3.
後藤淳, 貝沼重信, 日野伸一: 海洋暴露した鋼材の腐食表面性状の数値シミュレーション, 平成17年度土木学会西部支部研究発表会, 2006.3.
2005
貝沼重信, 金仁泰, 細見直史, 伊藤義人: コンクリート境界部を有する鋼構造部材の腐食後の疲労挙動に関する基礎的研究, 平成17年度全国大会 第60回年次学術講演会, 2005.9.
2004
楠本佳寛, 貝沼重信: 板厚が異なる十字すみ肉溶接継手の疲労挙動, 平成16年度全国大会 第59回年次学術講演会, 2004.9.
細見直史, 貝沼重信, 伊藤義人: 鋼部材のコンクリート境界部における腐食表面性状の数値シミュレーション, 平成16年度全国大会 第59回年次学術講演会, 2004.9.
2003
金仁泰, 門田佳久, 伊藤義人, 貝沼重信: 異なる素地調整をした塗装鋼板の劣化特性, 平成15年度全国大会 第58回年次学術講演会, 2003.9.
細見直史, 貝沼重信, 金仁泰, 伊藤義人: 鋼コンクリート境界部の経時的な腐食特性に関する基礎的研究, 平成15年度全国大会 第58回年次学術講演会, 2003.9.
伊藤義人, 金仁泰, 太田洋, 貝沼重信: 鋼材の耐久性評価のための環境促進実験に関する基礎的研究, 平成14年度 第49回構造工学シンポジウム, 2003.1.
貝沼重信, 細見直史, 金仁泰, 伊藤義人, 柿木信宏: 面外ガセット溶接継手の腐食特性と疲労挙動に関する基礎的研究, 平成14年度 第49回構造工学シンポジウム, 2003.1.
2002
貝沼重信, Kim In-Tae, 伊藤義人: 面外ガセット溶接継手の経時的な腐食特性と疲労挙動, 平成14年度全国大会 第57回年次学術講演会, 2002.9.
伊藤義人, 岩田厚司, 貝沼重信: 鋼材の腐食耐久性評価のための環境促進実験とその促進倍率に関する基礎的研究, 平成13年度 第48回構造工学シンポジウム, 2002.1.
2001
矢澤 晃夫, 伊藤義人, 貝沼重信: 橋梁用ゴム支承の環境耐久特性に関する研究, 平成13年度全国大会 第56回年次学術講演会, 2001.10.
門田佳久, 伊藤義人, 貝沼重信: 環境促進実験とその促進倍率に関する基礎的研究, 平成13年度全国大会 第56回年次学術講演会, 2001.10.
草間竜一, 伊藤義人, 宇佐美康一, 貝沼重信: 橋梁用鋼製防護柵にひずみ速度効果が及ぼす影響に関する数値解析的研究, 平成13年度全国大会 第56回年次学術講演会, 2001.9.
矢澤晃夫, 伊藤義人, 貝沼重信: 橋梁用ゴム支承の性能劣化に関する研究, 土木学会中部支部研究発表会, 2001.3.
加藤一博, 伊藤義人, 貝沼重信: 複合サイクル環境促進実験における耐候性鋼の腐食特性に関する基礎的実験, 土木学会中部支部研究発表会, 2001.3.
岩田厚司, 伊藤義人, 貝沼重信: 耐久性評価のための環境促進実験と促進倍率の算出, 土木学会中部支部研究発表会, 2001.3.
宇佐美康一, 伊藤義人, 貝沼重信: 防護柵に用いられる部材のひずみ速度効果, 土木学会中部支部研究発表会, 2001.3.
伊藤義人, 宇佐見康一, 貝沼重信, 杉江昌宣: アルミニウム合金製防護柵の実車衝突に関する数値解析的研究, 平成12年度 第47回構造工学シンポジウム, 2001.1.
伊藤義人(名大), 貝沼重信, 門田佳久, 矢澤晃夫: 橋梁のライフサイクルコストと環境負荷に関する考察, 日本材料学会 第50期学術講演会, 2001.
2000
伊藤義人, 貝沼重信, 門田佳久, 矢澤晃夫: 橋梁のライフサイクルコストと環境負荷に関する考察, 日本材料学会第50期学術講演会, 2000.5.
貝沼重信, 一宮充, 森猛: 荷重伝達型十字溶接継手の疲労破壊起点の解析的検討, 平成12年度全国大会 第55回年次学術講演会, 2000.9.
貝沼重信, 一宮充, 森猛: 荷重伝達型十字溶接継手の疲労破壊起点の解析的検討, 平成12年度全国大会 第55回年次学術講演会, 2000.9.
金仁泰, 山田健太郎, 貝沼重信: 斜めに不溶着部を有する突合せ溶接継手の疲労挙動, 平成12年度全国大会 第55回年次学術講演会, 2000.9.
宇佐見康一, 杉江昌宣, 伊藤義人, 貝沼重信: アルミニウム合金製防護柵の実車衝突に関する数値解析的研究, 平成12年度全国大会 第55回年次学術講演会, 2000.9.
1999
香川直輝, 中村哲也, 伊藤久, 山田健太郎, 貝沼重信: 疲労強度を向上させたカバープレート形状の提案, 平成11年度全国大会 第54回年次学術講演会, 1999.9.
川本恭朗, 高松大輔, 貝沼重信, 山田健太郎: ルートギャップと溶接姿勢が荷重伝達型十字溶接継手の疲労強度に及ぼす影響, 平成11年度全国大会 第54回年次学術講演会, 1999.9.
貝沼重信, 柳沼安俊, 神戸一政, 山田健太郎: 表面SH波による十字溶接継手のルートギャップの超音波測定, 平成11年度全国大会 第54回年次学術講演会, 1999.9.
加藤秀一郎, 岡部篤紀, 山田健太郎, 貝沼重信, 小塩達也: 主応力に対して斜めのリブをもつ溶接継手の疲労挙動, 土木学会中部支部研究発表会, 1999.3.
高松大輔, 山田健太郎, 貝沼重信, 川本恭朗: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手の諸因子が疲労強度に及ぼす影響, 土木学会中部支部研究発表会, 1999.3.
香川直輝, 中村哲也, 伊藤久, 山田健太郎, 貝沼重信: 改良型カバープレート溶接継手の疲労強度, 土木学会中部支部研究発表会, 1999.3.
石井博典, 加賀山泰一, 新名勉, 貝沼重信, 山田健太郎: 補修溶接がウェブギャップ部の疲労性状に及ぼす影響, 平成10年度 第45回構造工学シンポジウム, 1999.1.
1998
松村寿男, 広瀬剛, 貝沼重信, 山田健太郎: 鋼床版の縦リブと横リブの交差部の応力解析, 平成10年度全国大会 第53回年次学術講演会, 1998.9.
林幸司, 広瀬剛, 西星匡博, 貝沼重信, 山田健太郎: 鋼床版の縦リブと横リブの交差部の応力測定, 平成10年度全国大会 第53回年次学術講演会, 1998.9.
武藤英司, 佐々間智, 田中浩, 山田健太郎, 貝沼重信: 鋼床版の板リブの耐荷力および疲労耐久性の評価, 平成10年度全国大会 第53回年次学術講演会, 1998.9.
貝沼重信, 山田健太郎, 広瀬剛, 松村寿男, 武藤英司: トラフリブとケーブル定着ダイヤフラムの交差部の必要のど厚の算出, 平成10年度全国大会 第53回年次学術講演会, 1998.9.
川本恭朗, 後藤秀直, 水谷達也, 山田健太郎, 貝沼重信: 荷重伝達型十字継手の諸要因が疲労強度及び引張強度に及ぼす影響, 土木学会中部支部研究発表会, 1998.3.
伊藤健一, 山田健太郎, 貝沼重信: 重交通下の鋼床版箱桁橋の疲労耐久性評価, 土木学会中部支部研究発表会, 1998.3.
奥野健太郎, 山田健太郎, 貝沼重信: 制振鋼板を用いた下路プレートガーダー鉄道橋の疲労強度, 土木学会中部支部研究発表会, 1998.3.
山田健太郎, 貝沼重信, 鈴木幹紹, 近藤明雅: 主板方向に静的荷重を受けるガセット溶接継手の疲労強度, 平成9年度 第44回構造工学シンポジウム, 1998.1.
小塩達也, 山田健太郎, 貝沼重信, 小幡敏幸, 古市亨: 鋼床版を用いた走行車輌の輪重推定, 平成9年度 第44回構造工学シンポジウム, 1998.1.
1997
石井博典, 貝沼重信, 西岡敬治, 新名勉: ウェブギャップ部の補修に関する検討, 平成9年度全国大会 第52回年次学術講演会, 1997.9.
小塩達也, 山田健太郎, 貝沼重信, 小幡敏幸, 古市亨: 鋼床版縦リブを用いた輪重推定, 平成9年度全国大会 第52回年次学術講演会, 1997.9.
貝沼重信, 山田健太郎, 香川直輝, 西岡敬治, 石井博典: 主桁と横桁の取合部の応力緩和による疲労強度向上効果, 平成9年度全国大会 第52回年次学術講演会, 1997.9.
貝沼重信, 森猛, 嶋田茂: 不等脚なすみ肉溶接部を有する荷重伝達型十字継手の疲労強度解析, 土木学会第48回年次学術講演会, 1997.9.
貝沼重信, 山田健太郎, 西岡敬治, 中村一平, 石井博典: 鋼I桁橋の主桁上フランジと横桁の取合部の応力緩和による疲労強度向上法, 平成8年度 第43回構造工学シンポジウム, 1997.1.
香川直輝, 貝沼重信, 山田健太郎, 西岡敬治, 野村宜宏: 主桁と横桁の取合部の応力緩和による疲労強度向上法, 土木学会中部支部研究発表会, 1997.3.
1996
山田健太郎, 貝沼重信, 田中寿志, 保坂鐵矢, 酒井吉永: 現場溶接継手の疲労強度の破壊力学による解析, 平成8年度全国大会 第51回年次学術講演会, 1996.9.
貝沼重信, 山田健太郎, 石井博典, 西岡敬治: ウェブギャップ板の上端部の応力緩和による疲労強度向上法, 平成8年度全国大会 第51回年次学術講演会, 1996.9.
早川知邦, 貝沼重信, 山田健太郎, 牧孝幸, 林忠利: カバープレート継手の疲労強度評価, 土木学会中部支部研究発表会, 1996.3.
貝沼重信, 山田健太郎, 上仙靖, 岩崎雅紀, 西川武宏: 縦リブの疲労き裂が鋼床版に及ぼす影響の実測と解析, 平成7年度 第42回構造工学シンポジウム, 1966.1.
1995
貝沼重信, 山田健太郎, 岩崎雅紀: トラフリブの疲労き裂が鋼床版の変形および応力性状に及ぼす影響, 平成7年度全国大会 第50回年次学術講演会, 1995.9.
貝沼重信, 山田健太郎, 森猛: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手・ルート破壊の疲労強度評価方法の提案, 土木学会中部支部研究発表会, 1995.3.
上仙靖, 山田健太郎, 小塩達也, 貝沼重信: 鋼床版の縦リブおよび横リブ間隔が局部応力に及ぼす影響, 土木学会中部支部研究発表会, 1995.3.
貝沼重信, 山田健太郎: 局部応力の応力緩和による疲労強度向上法, 土木学会中部支部研究発表会, 1995.3.
1994
貝沼重信, 森猛: 十字すみ肉溶接継手ルート破壊の溶接形状が疲労強度に及ぼす影響, 平成6年度全国大会 第49回年次学術講演会, 1994.9.
一宮充, 森猛, 貝沼重信: 十字すみ肉溶接継手の疲労破壊起点の検討, 平成6年度全国大会 第49回年次学術講演会, 1994.9.
小塩達也, 上仙靖, 山田健太郎, 貝沼重信: 鋼床版構造の疲労に対する検討, 土木学会中部支部研究発表会, 1994.3.
1993
安藤英樹, 飯島大介, 森猛, 貝沼重信: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手の疲労強度に及ぼすルートブローホールの影響, 平成4年度 土木学会関東支部技術研究発表会, 1993.3.
森猛, 貝沼重信, 三木千壽: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手ル−ト破壊の疲労強度解析, 平成4年度 第39回構造工学シンポジウム, 1993.1.
1992
貝沼重信, 森猛, 川嶋克昌: 荷重伝達型十字すみ肉溶接継手のルート部から発生する疲労亀裂の進展性状, 平成4年度全国大会 第47回年次学術講演会, 1992.9.

特許出願・登録

2022
貝沼重信,塚本成昭(阪神高速技術㈱),井口進(日本橋梁建設協会),内田大介(日本橋梁建設協会):伸縮装置の腐食防止構造及び腐食防止方法,特願2017-232280,特開2019-100090,特許第7055551号,2022年4月.
貝沼重信,石原修二(㈱三井E&Sマシナリー),仲谷伸人(㈱ナカボーテック),井上大地(三井住友建設鉄構エンジニアリング㈱):腐食生成物の除去方法,特願2021-143412,特開2020-044428,特許第7043534号,2022年3月.
2021
松本巧(㈱三井造船),石原修二(㈱三井造船),貝沼重信,兼子彬(日本軽金属㈱),住谷龍明(日本エクスラン工業㈱):鋼構造物の防食工法,特願2018-123556,特開2020-002437,特許第6948290号,2021年9月.
徐超男(産業総合技術研究所),吉田晃人(産業総合技術研究所),貝沼重信:構造物の補修方法及び補修評価装置,特願2017-89975,特開2018-189423,特許第6870849号,2021年4月.
2020
徐超男(産業総合技術研究所),吉田晃人(産業総合技術研究所),貝沼重信:鋼構造物の損傷探査方法または損傷検査方法,特願2017-67210,特開2018-169307,特許第6792242号,2020年11月.
貝沼重信,塚本成昭(阪神高速技術㈱),大田典裕(阪神高速技術㈱),勝島龍郎(阪神高速技術㈱),篠崎正樹(阪神高速技術㈱),齊藤順倫(阪神高速技術㈱):き裂診断装置及びき裂診断方法,特願2016-156997,特開2018-25020,特許第6794025号,2020年11月.
2019
石原修二(㈱三井造船),貝沼重信:腐食センサ,特願2015-132596,特開2017-15560,特許第6623329号,2019年12月.
石原修二(㈱三井造船),貝沼重信:腐食センサ,特願2015-132647,特開2017-15565,特許第6623326号,2019年12月.
貝沼重信,内田大介(㈱三井造船),松本巧(㈱三井造船),石原修二(㈱三井造船),浅野浩一(㈱三井造船),井上大地(㈱三井造船),:橋梁の防食塗装方法,特願2015-233385,特開2017-101404,特許第6504458号,2019年4月.
2018
貝沼重信,兼子彬(日本軽金属㈱),石原修二(㈱三井造船):犠牲陽極パネル及び犠牲陽極材,特願2014-180732,特開2016-56387,特許第6338059号,2018年5月.
貝沼重信,友田富雄(日本工営㈱),南和彦(昭和電工㈱):鋼構造物の防食構造の形成方法,特願2014-229871,特開2016-94633,特許第6319745号,2018年4月.
貝沼重信,石原修二(㈱三井造船),内田大介(㈱三井造船),浅野浩一(㈱三井造船),兼子彬(日本軽金属㈱),住谷龍明(東洋紡㈱),山内孝郎(東洋紡㈱):防食方法および防食装置,特願2014-164501,特開2016-40403,特許第6317645号,2018年4月.
2017
入部孝夫(日本ファブテック㈱),細見直史(日本ファブテック㈱),貝沼重信,山田隆明(日本電測機㈱),永野徹(日本電測機㈱):地際腐食損傷部の平均腐食深さの推定による残存平均板厚推定方法,特願2013-71117,特開2014-194382,特許第6213859号,2017年9月.
貝沼重信,南田剛(㈱三井造船),兼子彬(日本軽金属㈱):犠牲陽極パネル及び犠牲陽極パネルの施工方法,特願2013-89372,特開2014-214314,特許第6116332号,2017年3月.
貝沼重信,松尾和哉(九州大学),木下優(九州大学),石原修二(㈱三井造船):腐食センサおよびその製造方法,特願2014-32161,特開2015-72250,特許第6084935号,2017年2月.
2016
貝沼重信,石原修二(㈱三井造船),内田大介(㈱三井造船),兼子彬(日本軽金属㈱),住谷龍明(東洋紡㈱),山内孝郎(東洋紡㈱):防食材,特願2012-163961,特開2014-25087,特許第5947136号,2016年6月.
貝沼重信,石原修二(㈱三井造船),内田大介(㈱三井造船),浅野浩一(㈱三井造船),杉谷国博(九州大学):防食材,特願2012-179296,特開2014-37561,特許第5932565号,2016年5月.
伊藤義浩(㈱神戸製鋼所),山下岳史(㈱神戸製鋼所),貝沼重信,佐島隆生(九州大学):腐食測定方法,及び腐食環境ゲージ,特願2012-3387,特開2012-163554,特許第5921888号,2016年4月.
2014
貝沼重信,石原修二(㈱三井造船),槙野隆章(㈱三井造船):腐食センサ,特願2012-20462,特開2013-160541,特許第5571711号,2014年7月.
貝沼重信,石原修二(㈱三井造船),槙野隆章(㈱三井造船):腐食センサ,特願2012-20461,特開2013-160540,特許第5571710号,2014年7月.
山上哲示(阪神高速技術㈱),塚本成昭(阪神高速技術㈱),貝沼重信:橋梁除錆方法及び担持体固定具,特願2011-153082,特開2013-19162,特許第5492151号,2014年3月.
貝沼重信,内田大介(㈱三井造船),笹本英樹(㈱三井造船),河津英幸(㈱三井造船),石原修二(㈱三井造船):犠牲陽極パネル,及び犠牲陽極パネルを利用した防食方法,特願2009-74646,特開2011-26673,特許第5461093号,2014年1月.
2013
山上哲示(阪神高速技術㈱),塚本成昭(阪神高速技術㈱),貝沼重信:構造物の補修方法,特願2011-153083,特開2013-19163,特許第5415486号,2013年11月.
貝沼重信,岩井一郎(昭和電工㈱),友田富雄(日本工営㈱):鋼構造物の防食構造,特願2008-69894,特開2009-221569,特許第5403499号,2013年11月.

pagetop